廉価版「Galaxy S22 FE」が開発中止、ただし「S23 FE」は発売予定に



ハイエンドスマホの廉価版なのに特に安くない、という「誰得モデル」になってしまったGalaxy SシリーズのFE(Fan Edition)。

今後の行方はどうなるのでしょうか。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Samsungは今年「Galaxy S22 FE」を300万台生産する予定でしたが、その計画をキャンセルしたそうです。

その理由として、上半期に発売した「Galaxy S22 Ultra」の販売が比較的好調なため、近年の半導体不足を受けてGalaxy S22 FEに使う予定だった半導体をGalaxy S22 Ultraに割り当てる予定とのこと。

Galaxy S22 Ultraの出荷台数は上半期までで1000万台に達したと言われており、当初の予想を上回る見込みで、Samsungはより高い利益が望めるフラグシップモデルの生産に注力する形に。

しかし、一方でSamsungは来年にも「Galaxy S23 FE」を300万台出荷する計画があるとのこと。

6月から噂されていた発売見送りが現実になり、既にSamsungも存在を持て余しているGalaxyシリーズのFEですが、それでも次の計画が持ち上がるということは、Samsungもよほどのテコ入れを考えているのでしょうか。動向が注目されます。

・関連記事
サムスン「折りたたみスマホ」大幅減産へ、Galaxy Z Fold 5の詳細も明らかに | Buzzap!

サムスン独自プロセッサ「Exynos」Galaxy S23から完全撤退か、TSMC製Snapdragonに完封され存亡の危機に | Buzzap!

廉価版「Galaxy S22 FE」開発見送りか、もはや誰得スマホのポジションに | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】性能十分で人気の「Alldocube iPlay 40H」値下げ、8GBメモリ搭載で動画もゲームも電子書籍もナビも楽しめる定番SIMフリー格安タブレット
  2. 超格安ハイエンドスマホ「moto S30 Pro」登場、わずか4万円で144Hz有機ELや5000万画素3眼カメラ、立体音響に超急速充電など充実の性能に
  3. povo 2.0が無料のデータトッピング配布へ、ただし「URL付きの偽メール」に要注意
  4. 楽天モバイルがiPhone 13など大幅値引き、携帯各社ぶっちぎりの最安値に
  5. 大容量8GBメモリ搭載の格安タブレット「BMAX MaxPad I11」値下げで2万円に、十分な性能や高画質カメラでゲームにもビデオ会議にもナビにも使える薄型軽量SIMフリーモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング