Vivoを373億円の脱税で告発、5年で1兆円以上を中国本土に送金か



今やスマートフォン市場シェアは世界5位にまでなっているVivo。

そんな中国のスマホメーカーにとんでもない規模の不祥事が発覚しました。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、インドの歳入情報局(DRI)は、Vivoが221億ルピー(約373億8300万円)相当の脱税を行ったとして告発したそうです。

DRIは関税の脱税を発見、「輸入された特定の品目の説明に故意に虚偽の申告をした」ことで告発しています。

執行理事会が同社に属する44カ所の拠点を家宅捜索した結果、証拠が発見され、捜査の過程で一部の資産が押収されたとのこと。

当局のデータによると、この脱税によりVivoは5年間で80億ドル(約1兆696億円)近くを中国の親会社に送金しており、これはVivoの収益のほぼ半分に相当。

インドのシタラマン財務相は、当局がOppoとXiaomiについても調査しているとしており、Vivo以外の中国のスマートフォン企業を監視下に置いているとしています。

・関連記事
世界のスマホ市場「SamsungとAppleの二強体制」に集約、XiaomiやOppoなど中国メーカーが後退 | Buzzap!

「Xiaomi Car(仮)」プロジェクトが中国当局の許可下りず白紙か、巨額投資するも年単位の延期へ | Buzzap!

2Gガラケー利用者3億人以上で新機種いまだに投入中、低価格スマホで移行を狙うインドの携帯電話事情がすごい | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング