「エディー・バウアー(Eddie Bauer)」復活、2023年春夏から日本市場で再展開へ



惜しまれつつも日本市場から撤退したエディー・バウアーが復活します。詳細は以下から。

水甚のプレスリリースによると、同社はアメリカのアウトドアブランド「Eddie Bauer(エディー・バウアー)」の販売権などについて伊藤忠商事とライセンス契約を締結したそうです。

2023年春夏シーズンから国内での本格展開を開始するとのことで、直営店やオフィシャルECサイトを含む百貨店や専門店での展開を行うとのこと。

同時にファッション感度の高いセレクトショップ、スポーツ専門店への販路拡充を目指すとしており、さらなるブランド価値向上と認知度拡大に取り組んでいくとしています。

男性用、女性用、子ども用の本格的なアウトドアパフォーマンスウェアからライフスタイルウェアなどのアパレル、バッグ、アウトドア用のアクセサリーまで展開するエディー・バウアー。

日本市場からの撤退が報じられた際、身体の大きな男性などから悲鳴が上がっていましたが、再びお目見えすることとなりそうです。

・関連記事
「アメリカンイーグル」日本公式ストアがオンラインで復活、クリアランスセールも | Buzzap!

クマ系男子向けブランド「BEARISK(ベアーイスク)」閉店へ、大きいサイズの水着やパンツが感謝価格に | Buzzap!

140年以上の歴史を持つBIKE社の「ケツ割れ(ジョックストラップ)」が生産終了 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

ライフに関連した楽天商品ランキング