「折りたたみiPhone」「巻き取りiPhone」の布石か、AppleがLGと長期特許使用契約を締結



2021年にスマホ事業から撤退したLGと、Appleが手を組むことになるのでしょうか。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、LGは4月にAppleを含む2社から特許ライセンス料として8900億ウォン(約900億円)を受け取り、Appleはそのうちの8000億ウォン以上を支払ったそうです。

このことから、LGとAppleは最長10年の長期特許使用契約を締結した可能性が高く、今回の特許には標準規格を使用する上で必須となる「標準必須特許」が多く含まれている可能性が高いとのこと。

LGはスマートフォン事業から撤退したものの、LG InnotekやLG Displayといった他の関連会社は、それぞれカメラモジュールやディスプレイをiPhoneに供給し続けています。

かつて回転型2画面スマホ「LG WING」や、巻きとり式有機EL搭載スマホ「LG rollable」のような機種も開発していたLG。

最近では「Galaxy Z Fold」や「Xiaomi MIX Fold」、「Pixel Fold」など各社が折りたたみスマホの新機種をリリース。またSamsungは巻きとり式有機ELスマホを開発中というニュースもあり、スマホの新しいアプローチとなる新機種の開発も各社で進んでいます。

Appleと特許契約を結ぶことで、LGの技術がApple製品に反映される日が来るのでしょうか。

・関連記事
巻き取り式の有機EL搭載スマホ「LG Rollable」動画流出、ワンタッチで画面が伸縮 | Buzzap!

サムスンが巻き取り式有機ELスマホ開発中か、映像流出で3面折り畳みスマホやゲーミングデバイスも | Buzzap!

「有機ELテレビ」値下げでサムスンとLGが全面戦争、巻き添えでソニーに大打撃 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング