「折りたたみスマホ」ついにシェア1%超え、低価格化で普及さらに拡大へ



相次ぐメーカーの参入を受けて、折りたたみスマホ市場がじわじわと成長しているようです。詳細は以下から。

調査会社「TrendForce」のレポートによると、2022年に折りたたみスマホのシェアがスマホ全体の1.1%に達する見通しだそうです。

これはSamsungに続いてXiaomiやMotorolaなどが新規参入したことによるもの。

「Galaxy Z Flip」などの縦折り型は約6.5~7.0インチ、「Galaxy Z Flod」などの横折り型は約7.5~8.0インチのディスプレイを採用するのがトレンドとなっており、技術革新による低価格化で2024年には普及率が2.5%になるとみられています。

ようやく100人に1人が使っていることになる折りたたみスマホ。ゆるやかではあるものの、着実に普及していくようです。

・関連記事
「Galaxy Z Fold4/Flip4」爆売れ折りたたみスマホに、性能が大幅に向上し発熱も改善へ | Buzzap!

Google初の折りたたみスマホ「Pixel Fold(Pixel NotePad)」発売間近か、「Pixel 7 Ultra」も | Buzzap!

「折りたたみiPhone」「巻き取りiPhone」の布石か、AppleがLGと長期特許使用契約を締結 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング