シャープの「屋内光発電デバイス」速攻レビュー、電池やケーブル不要で通信機器やディスプレイを使える革新的技術に



CEATEC 2022にて、シャープの液晶技術の展示が行われていたので、さっそくチェックしてきました。詳細は以下から。

CEATEC 2022のシャープブース。


カーボンニュートラル(脱炭素)の取り組みの一環として、液晶デバイスの展示が行われていました。


これが屋内光発電デバイス「LC-LH」。屋内光を電気に高効率で変換できる「色素増感太陽電池」と、同社で培われた液晶ディスプレイ技術が使われています。


液晶工場の設備をそのまま使用して製造できるため低コストなうえ、腕時計や電卓などに使われる一般的な太陽電池に対して、発電効率が約2倍に向上。


つまり、屋内に置いておくだけでなんと無線通信機器などに給電できてしまいます。


また、これは電子棚札に使用した例。電源コード不要、電池交換の手間も省けるうえ、小型化もしやすく低コストなため向いています。


こちらはE Inkをつかった店頭ポップ。電子棚札ならタイムセールなどの切り替えも容易です。


他にもヘルスケア用や環境関連のセンサなどのIoT製品、さらには各種リモコンやモバイルバッテリー用途にも応用できるとのこと。

ちなみに同社はこの技術で、CEATEC AWARD 2022の経済産業大臣賞を受賞。2023年度に生産予定としており、未来のガジェット事情が大きく変わっていきそうです。

・関連記事
「CEATEC 2022」まとめ、3年ぶり幕張でのリアル開催に | Buzzap!

KDDIが衛星ブロードバンド「Starlink」を年内提供開始、山間部や離島でも100Mbpsを実現 | Buzzap!

ソフトバンクが「ワイヤレス電力伝送」実験成功、5G基地局からの送電で無線給電でき商用利用も視野 | Buzzap!

携帯各社が通信障害時にローミング導入へ、周波数帯の新規割り当てに電波オークションも | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

特集に関連した楽天商品ランキング