サムスン「Exynos」完全敗北、ハイエンドスマホはSnapdragonのみ採用に



Samsungのプロセッサ「Exynos」が自社のフラッグシップモデルに採用できない、という悲しい事態になっています。詳細は以下から。

確度の高いモバイル業界のリーク情報で知られるアナリスト、ミンチー・クオ氏のツイートによると、Samsungの新型プロセッサ「Exynos 2300」は、主力のハイエンドモデルではなくミッドレンジスマホ向けに採用されるそうです。

来年発売予定の「Galaxy S23」シリーズに搭載されるプロセッサは、クアルコムの「Snapdragon 8 Gen 2」になる見込み。

一方サムスンは5nmプロセスと4nmプロセスで作られたExynosを生産中ですが、4nm版は歩留まりが非常に低く、性能や熱の問題が満足のいくレベルにまで追いついていないとのこと。

そこで、同社はExynos 2300シリーズを5nmプロセスのみを用いて製造、フラッグシップスマホにはSnapdragonを採用し、ミドルレンジからハイエンドのスマホにExynos 2300シリーズを搭載するという計画方針に。

また2024年発表予定の「Galaxy S24」にもSnapdragonが搭載される可能性が高いとしています。

Samsungのクォン・オヒョン社長も、「4nmと5nmセグメントにおける開発スケジュールと歩留まりの点でTSMCに遅れをとっていたのは事実だ」と9月にコメントしており、事実上の完全敗北に

今年の年次イベントにおいて、最新の3nmプロセスを採用した半導体の量産化に成功したと発表したSamsung。

現在4~5nmプロセスでは苦戦を繰り広げているものの、3nmプロセスの世界での売上高は2025年までに8倍になると予想されており、いかに今後の安定化を実現するかがより重要になっていきそうです。

・関連記事
サムスンが1.4nmプロセスの最先端半導体を2027年にも製造開始へ、「不良品率65%」の汚名返上なるか | Buzzap!

サムスンがジャパンディスプレイの最先端有機EL「eLEAP」技術を標的に、高輝度省電力や長寿命、焼き付き無しなど圧倒的な表示性能を低コストで実現 | Buzzap!

サムスン「Exynos」立て直しに元Apple技術者を起用、Apple AシリーズやTSMC製Snapdragonに対抗へ | Buzzap!

Galaxyに2030年までSnapdragon独占供給か、Exynos消滅へ | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. ドコモが月額900円の格安SIM「LIBMO」取り扱いへ、5分通話定額つきや大容量プランも選べてdポイントも使えるエコノミーMVNOに
  2. 「Xiaomi Pad 5」神値下げ、美麗な120Hz高精細ディスプレイやゲームもガンガン遊べる高性能CPUに立体音響搭載の格安タブレット
  3. 楽天モバイル「Rakuten Link」有料化か、期待の「格安の5G使い放題」まもなく開始
  4. 1万円の8インチタブレット「Alldocube Smile 1」大幅値下げ、カーナビ代わりにも使える人気の超格安SIMフリーモデル
  5. 【大幅値下げ】Anker最強の4ポート急速充電器「747 Charger (GaNPrime 150W)」過去最安に、スマホもパソコンもタブレットも一気に充電できる超便利な1台に

モバイルに関連した楽天商品ランキング