【追記】楽天モバイルが3802億円の赤字に、1GBまで0円廃止で収益率向上も黒字化には程遠い状況に



楽天グループが2022年第3四半期決算説明会を実施、楽天モバイルの戦略発表を行いました。詳細は以下から。

楽天グループが行った2022年第3四半期決算説明会によると、同社のモバイル部門における第3四半期連結累計での営業損失が3802億円に達すると発表しました。

MNOとMVNOの合計契約数は、2022年9月末時点で518万回線。10月末に料金プラン実質無料キャンペーンが終了したものの、現在は解約数が落ち付き「UN-LIMIT VII」発表前のレベルまで回復。11月の契約数は純増しています。


ただ、第3四半期の売上収益は893億円、営業損失は1209億円を計上。これによって1月から9月までの第3四半期連結累計期間では3802億円の赤字に


なおARPU(ユーザー平均単価)は、「Rakuten UN-LIMIT VII」発表前の2022年度第1四半期の837円から1472円と75.9%増加。ユーザー1人あたりの平均サービス利用数も増加傾向に。

他にも、ネットワーク設備投資などの関連コストの減少や、楽天回線エリア化によるローミング費用削減等で、2022年度第1四半期(1350億円の損失)をピークに営業損失は逓減傾向。

同セグメントの継続的な損益改善を見込みつつ、さらなるデータ使用量の増加や、料金プラン実質無料キャンペーンの終了が売上に貢献する予想としています。

・関連記事
楽天モバイル人員削減へ、事業売却は買い手が付かない可能性も | Buzzap!

【独自】10GB制限撤廃の楽天モバイル「今までと変わらず速度制限する場合がある」と回答、まもなく開始の「格安5G使い放題」に期待も | Buzzap!

楽天モバイル「1日10GBで速度制限」撤廃か、格安データ使い放題を強化でユーザー獲得へ | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. ドコモが月額900円の格安SIM「LIBMO」取り扱いへ、5分通話定額つきや大容量プランも選べてdポイントも使えるエコノミーMVNOに
  2. 「Xiaomi Pad 5」神値下げ、美麗な120Hz高精細ディスプレイやゲームもガンガン遊べる高性能CPUに立体音響搭載の格安タブレット
  3. 楽天モバイル「Rakuten Link」有料化か、期待の「格安の5G使い放題」まもなく開始
  4. 1万円の8インチタブレット「Alldocube Smile 1」大幅値下げ、カーナビ代わりにも使える人気の超格安SIMフリーモデル
  5. 【大幅値下げ】Anker最強の4ポート急速充電器「747 Charger (GaNPrime 150W)」過去最安に、スマホもパソコンもタブレットも一気に充電できる超便利な1台に

モバイルに関連した楽天商品ランキング