サムスンが新型独自プロセッサをGalaxyに搭載か、GoogleやAMDと共同開発でSnapdragon打倒へ



Samsungのプロセッサ「Exynos」完全復活となるのでしょうか。詳細は以下から。

リーク情報で著名なコナー氏のツイートによると、SamsungはGoogleのTensorチームやAMDのグラフィック担当部門と共同開発し、Galaxy Sシリーズ向けの新型プロセッサを2025年までに製造するそうです。


投稿された画像では、このプロセッサは10コア(デカコア)構成。海外メディアの報道によると、このチップには2つのCortex-Xコア、低速で動作する4つの高性能コア、4つの高効率コアが含まれることになるとのこと。

ツイートでは、「Google TensorチームとAMD Radeonの研究により、Galaxy ”Phone”で最も安定した強力なプロセッサとなる可能性がある」とも言及しています。

SamsungとGoogleは、Pixel向けに「Google Tensor」プロセッサを共同で製造。来年のPixel 8シリーズでデビューすると予想されるGoogle Tensor 3にも共同で取り組み始めたとしています。

新型「Exynos」は2025年までにGalaxy Sシリーズに搭載されるとの見込み。「Galaxy S24」にもSnapdragonが搭載されるとの報道もあったSamsungですが、自社のプロセッサでの巻き返しとなるのでしょうか。

・関連記事
サムスン「Exynos」完全敗北、ハイエンドスマホはSnapdragonのみ採用に | Buzzap!

サムスンが1.4nmプロセスの最先端半導体を2027年にも製造開始へ、「不良品率65%」の汚名返上なるか | Buzzap!

サムスン「Exynos」立て直しに元Apple技術者を起用、Apple AシリーズやTSMC製Snapdragonに対抗へ | Buzzap!

Galaxyに2030年までSnapdragon独占供給か、Exynos消滅へ | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング