「ThinkPhone」全容判明、赤いトラックポイント風ボタンに黒い耐衝撃ボディ採用でThinkPadファン納得の1台に



今年で発売から30年が経過し、アニバーサリーイヤーを迎えた「ThinkPad」。

そのコンセプトを受け継ぐスマホの詳細が判明し、画像なども明らかになっています。詳細は以下から。

これが海外メディアの報道で明らかになった「ThinkPhone」。最大144Hz表示に対応した6.6インチフルHD+(2400×1080)プラスチック有機ELディスプレイ(POLED)を搭載しており、最大1200nitの明るさを実現しています。


背面カメラは5000万画素、1300万画素超広角、200万画素深度の3眼仕様。また前面カメラは3200万画素でオートフォーカスに対応。


プロセッサは「Snapdragon 8+ Gen 1」、メモリは8GB/12GB、ストレージは128GB/256GB/512GBとされています。


バッテリーは大容量5000mAhに、68Wの高速充電と、15Wのワイヤレス充電に対応。


立体音響技術「ドルビーアトモス」に対応したステレオスピーカーも搭載しているほか、IP68の防水防塵対応や、画面内指紋センサーも搭載。


またアルミニウム製のフレームに、背面は耐衝撃に優れたアラミドファイバー素材仕様の黒いボディを備え、底面にはThinkPhoneのロゴも。さらにショートカットキーらしき、「トラックポイント」風の赤いボタンも確認できます。


発売元はLenovoおよび傘下のMotorolaで、「かつてIBMのブランドだったThinkPadのスマホがLenovoの手でMotorolaから発売される」というややこしいことになっているThinkPhone。

なお発売は2023年の見込み。30年前に日本IBMの大和研究所で誕生してから今なお進化を続けるThinkPadの精神を受け継ぐスマホとして、国内での発売に期待が高まります。

・関連記事
ThinkPadスマホ「ThinkPhone」まもなく発売へ、懐かしのロゴ付きでビジネス向けモデルに | Buzzap!

ドコモがレノボとスマホ開発か、5G技術の特許ライセンス契約で共同研究へ | Buzzap!

【特報】ソフトバンク「Lenovo TAB6」一括1円の処分価格に、基本料無料で実質タダの格安すぎる5Gタブレット | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング