「Galaxy S23」に発熱問題か、冷却機構削減でSnapdragon 8 Gen 2が台無しになるおそれ



消費電力や発熱を抑えつつ高い処理能力を実現した「Snapdragon 8 Gen 2」の登場で、ようやく解決したかに見えたハイエンドスマホの発熱問題が今なおくすぶっていることが明らかになりました。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Galaxy S23シリーズは「Galaxy S23 Ultra」のみベーパーチャンバー(VC)を用いた本格的な冷却システムを搭載するそうです。

「Galaxy S23+」はヒートパイプをベースにした比較的簡素な冷却システムとなるほか、「Galaxy S23」はグラファイトシートを備える程度になるとのこと。

これらの構成はGalaxy S22シリーズと基本的に同じですが、問題となるのがS23シリーズで採用される高クロック版Snapdragon 8 Gen 2。

通常版のSnapdragon 8 Gen 2より発熱が高まるとみられ、熱管理がシビアになる可能性もあることから、著名なリーク者のIce Universe氏は冷却システムのないGalaxy S23の購入を避けるよう求めています。

・関連記事
【悲報】Galaxy S23の「高性能版Snapdragon 8 Gen 2」サムスン製造か、まさかのTSMC外しで発熱問題に懸念も | Buzzap!

Galaxy向けに新型独自プロセッサ開発中か、Exynosに替わる新設計でApple AシリーズやTSMC製Snapdragonに対抗へ | Buzzap!

「Galaxy S23」カメラ進化でなめらか撮影対応へ、ソフトウェア改善で処理向上しセンサーシフト式補正も搭載か | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング