「Galaxy S23」カメラ進化でなめらか撮影対応へ、ソフトウェア改善で処理向上しセンサーシフト式補正も搭載か



画質だけでなく撮影性能も上がり、写真も動画もさらに高クオリティのものが撮影できるかも知れません。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、「Galaxy S23」シリーズでは8K30fpsでの動画撮影に対応するそうです。

これはリーク情報で著名なIce Universe氏のツイートによるもので、「Galaxy S22」シリーズの8K24fpsより性能が向上しているとのこと。

さらに2億画素センサーが採用される見込みの「Galaxy S23 Ultra」には、「iPhone 14 Pro」と同様のセンサーシフトOISが搭載され、これらの技術により手ぶれ補正の性能が大幅向上するとしています。

センサーシフトOISは、レンズの代わりにイメージセンサー全体を動かすことで手ブレ補正を行うもので、ミラーレス一眼などに多く採用されている技術。

処理能力向上や大型センサー搭載などによって、「Galaxy S23」シリーズは動画にも写真にも強いカメラを備えたパワフルな機種となるかもしれません。

・関連記事
「超急速充電」Galaxyようやく搭載か、次世代の充電技術でXiaomiなどに対抗する可能性も | Buzzap!

「Galaxy S23 Ultra」驚異的な処理能力アップへ、Snapdragon 8 Gen 2の実力が明らかに | Buzzap!

サムスン最強の2億画素センサー「ISOCELL HP2」まもなく登場か、Galaxy S23 Ultraに採用へ | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング