「Galaxy A54」ミドルレンジ最高性能に、Galaxy新機種のラインナップ簡素化で高コスパ機はA54一択に



世界経済の先行きが怪しくなる中、Galaxyシリーズが比較的安価なミドルレンジスマホに注力することが明らかになりました。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Samsungは2023年に発売されるミドルレンジスマホのラインナップを簡素化し、「Galaxy A74」をお蔵入りさせる見通しであるそうです。

これによりミドルレンジスマホの最高性能モデルは「Galaxy A54」へと一本化されるとのこと。

また、Galaxy A54は最新プロセッサ「Exynos 1380」を搭載することで、現行モデル「Galaxy A53」より30%ほど処理能力が向上する見通し。

さらに120Hz表示対応の6.4インチフルHD+有機ELディスプレイや光学手ブレ補正対応の5000万画素カメラ、大容量5100mAhバッテリー、防水防塵性能およびステレオスピーカーなど、多くのユーザーが求めるであろう機能を高い水準で備えており、万人に勧められる1台となりそうです。

・関連記事
「Galaxy S23」に発熱問題か、冷却機構削減でSnapdragon 8 Gen 2が台無しになるおそれ | Buzzap!

au「Galaxy S21」47円で投げ売り復活、9万円超えのハイエンドスマホが回線契約なしでも割引に | Buzzap!

au「Galaxy A53」1万6500円割引など機種変更でも値下げの年末年始セール開催、UQ mobileも対象で1万3000円還元も | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング