新型「iPad Pro(第7世代)」有機ELディスプレイ搭載で薄型軽量化か、ただし「iPad」「iPad mini」「iPad Air」2023年モデルほぼ進化なし


iPadシリーズの今後の展開が明らかになりました。

現行モデルか新型か、どちらを買うか迷っているのであれば参考になりそうです。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Appleは2023年に第7世代の新型「iPad Pro」を発売しないそうです。

これはiPhoneをはじめAppleに関するリーク情報などで知られるBloomberg紙の記者Mark Gurman氏が明かしたもの。

新モデルの投入は2024年前半になる見込みで、初めて有機ELディスプレイが搭載されることで本体の薄型化や軽量化が期待できます。

なお、現在Appleは年内発売予定の「Reality Pro」と呼ばれるMixed Reality(複合現実)対応ヘッドセットに開発資源を集中しているため、2023年に新型iPadやiPad mini、iPad Airが投入されてもマイナーチェンジ版にとどまる可能性が高いとのこと。

iPad Proは1年後に大幅刷新、それ以外は当面代わり映えしない」と考えると、分かりやすいかもしれません。

・関連記事
16インチの「巨大iPad Pro」開発中、美麗な大画面ミニLEDディスプレイ搭載でクリエイター向けの1台に | Buzzap!

新型「iPad Pro」はチタン採用で軽くて高耐久か、iPhoneやMacBook Proも追従へ | Buzzap!

新型「iPad mini(第7世代)」がプロセッサ刷新で2023年発売か、「折りたたみiPad mini」は全く別の製品として展開へ | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品[PR]