廉価版「AirPods Lite」登場か、1万円ちょいの格安イヤホンでiPhone SEのような位置付けに



ワイヤレスイヤホンとして人気も高いものの、高価格がネックとなっていた「AirPods」。

そこで現行の最低価格モデルよりさらに安い機種の投入が検討されているようです。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、確度の高い情報で知られるアナリストのミンチー・クオ氏が、より安価なAirPodsが2024年後半から2025年前半にも発売される見通しだと明かしたそうです。

これは価格が99ドル(約1万2800円)とされるもの。現在最も安いAirPods(第2世代)は129ドルであることから30%近くも安いモデルです。

もし日本で発売されれば、AirPods(第2世代)が1万9800円であることを考慮しても1万5000円前後、為替状況によってはさらに低価格になることも考えられます。

スペックなどは明らかにされていませんが、値下げのためにペアリングやSiriの起動に使われる「Apple H1」プロセッサの機能が廃止されたり、「iPhone SE」のように外観を再利用した廉価版になる可能性もあるとしています。

・関連記事
「iPhone SE(第4世代)」開発中止か、iPhone 16向けの自社製5Gモデムも白紙に | Buzzap!

「ニセモノのAirPods」iPhoneが自動検出へ、iOS 16の新機能に | Buzzap!

「AirPods」が特許侵害だとオーディオメーカーがアップルを訴訟、しかし裁判前に和解 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング