「ニセモノのAirPods」iPhoneが自動検出へ、iOS 16の新機能に



どんどん巧妙になる偽AirPods対策にAppleが乗り出しました。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、iOS 16に正規品でないAirPodsを自動検出する機能が実装されるそうです。

これはiPhoneやiPadに実装された「非純正部品を検出するとユーザーにアラートを表示する機能」に続くもの。

AirPodsは人気の高さからニセモノも数多く出回っており、中にはiPhoneとの自動ペアリングやバッテリーの全量表示などの機能まで備えた本物と見分けが付きづらいものまであるとのこと。

そしてiOS 16では「これらのヘッドフォンは本物のAirPodsとして検証できず、期待どおりに動作しない可能性があります」というメッセージが表示されるようになります。

なお、現時点ではニセモノと判定されたものでもワイヤレスイヤホンとして利用できるようです。

・関連記事
【速報】「iPhone 14」本体価格比較、最安は楽天モバイルでドコモやau、ソフトバンクを大きく下回る | Buzzap!

【解説】「iPhone 14」「iPhone 14 Pro」ざっくり比較、無印とProでカメラやプロセッサなど差別化が顕著に | Buzzap!

【発表記念】iPhone 14記事まとめ、価格や発売日、解説など各種情報が一目で分かります | Buzzap!


フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品(PR)