史上最大15.5インチの新型「MacBook Air」まもなく発表か、M2 Pro搭載の薄型軽量モデルで大画面ニーズをカバー


薄くて軽量なのにハイパフォーマンスなMacとして昨年11月に最新モデルが登場したばかりのMacbook Air。

そのラインナップに、とんでもなく大きな1台が加わるようです。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Appleは新型「MacBook Air」を4月上旬にも発売するそうです。

これはモバイルディスプレイ分野の著名なアナリスト、Ross Young氏が明かしたもので、同社が例年開催している春の製品発表会にてお披露目されるとのこと。

新型MacBook Airは従来モデルより2インチ大きな15.5インチの大画面ディスプレイに加えて、10コアCPU(6つの高性能コアと4つの高効率コア)と16コアGPUの「M2 Pro」を搭載するとみられています。

これまでで最大の画面サイズとなる新型MacBook Air。

もともと超薄型ボディが売りなだけに、15.5インチ版ともなると「薄くて巨大な1枚の板」とでも呼ぶべき外見となりそうですが、大きな画面を必要とするアーティストやビジネスマンという位置付けなのでしょうか。

・関連記事
8万円台でM2搭載の新型「Mac mini」、処理能力でMac Pro(66万円)を上回る事態に | Buzzap!

新型「M3」プロセッサ搭載のiMacが開発中、驚異の処理能力で今年後半にも登場か | Buzzap!

新型「iPad Pro(第7世代)」美麗なハイブリッド有機ELディスプレイ搭載へ、本体の薄型軽量化や低消費電力などメリット盛りだくさんに | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

ハードウェアに関連した楽天商品[PR]