Snapdragon 8 Gen 3「iPhone 15 Pro(Apple A17)の周回遅れ」か、圧倒的な性能差で『Android暗黒時代』まっしぐらに



GPU性能が大きく強化されることで「iPhone 15 Pro(Apple A17)」をリードする性能を持つとすら期待されていた「Snapdragon 8 Gen 3」。

しかし残念ながら、差が縮まるどころかさらに引き離されることになるかもしれません。詳細は以下から。

最新スマホなどに関するリーク情報を提供しているRevegnus氏のTwitter投稿によると、Snapdragon 8 Gen 3は飛躍的な性能向上は期待できないそうです。

Snapdragon 8 Gen 3は1+3+4のコア構成で、AnTuTuスコア160万、3Dグラフィックのベンチマークソフト「GFX」のES3.1テストでは280fpsを記録したとのこと。

Snapdragon 8 Gen 2より約25%高いスコアであるものの、以前取り沙汰された「GPU性能が50%向上する」という話には遠く及ばず、一般的な進化の範囲に収まる内容です。

スクリーンショットなどの証拠はないものの、もし事実であればApple A17を上回れる要素が一切なくなってしまうSnapdragon 8 Gen 3。

省電力・高性能化の鍵となる2nmでのプロセッサ製造も2025年いっぱいまでAppleが独占すると見られているため、Androidにとって厳しい冬の時代がしばらく続くことになりそうです。

・関連記事
iPhone 15 Pro登場で「Android暗黒時代」突入か、周回遅れの性能差が2025年以降まで続くことに | Buzzap!

「Dimensity 9200+」まもなく登場か、Snapdragon 8 Gen 2超えを果たしAndroid最強プロセッサの座に | Buzzap!

Pixel 8「Tensor G3」低発熱で高性能な『当たりプロセッサ』に、サムスンの製造技術が大幅に改善しTSMCに肉薄も | Buzzap!


フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品(PR)