Xiaomiの格安タブレット「Redmi Pad 2」まもなく登場、低価格ながら90Hz表示ディスプレイ搭載で立体音響スピーカーに期待も


低価格なのに高機能、大容量バッテリーに立体音響対応のクアッドスピーカー搭載と、高いコストパフォーマンスを誇るタブレット「Redmi Pad」。

その後継機となる新型格安タブレットが投入されることが明らかになりました。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Xiaomiの新型タブレット「Redmi Pad 2」が中国の3C認証を通過したそうです。

Redmi Pad 2は、90Hz表示対応の10.1インチフルHD+(1920x1080)液晶ディスプレイに、プロセッサは最大2.4Ghz駆動のSnapdragon 680を搭載するとのこと。

「Redmi Pad」はMediaTekの「Helio G99(最大2.2Ghz)」を搭載していたため、ベンチマークスコアではシングルコアで33%、マルチコアでも15%ほどスコアが下がっています。

ただしクロック数が上がっているため処理速度は速くなっているほか、メモリも最低3GBから4GBへ増加することで、複数のアプリを起動しても安定するようになるとみられます。

最大128GBのストレージや、最大18Wの高速充電に対応した80​​00mAhのバッテリー、背面には800万画素、前面には500万画素カメラを搭載し、Wi-Fi 5およびBluetooth 5.3にも対応しています。

Redmi Padには立体音響技術「ドルビーアトモス」対応のクアッドスピーカーが搭載されていたことから、今回も搭載が期待できるRedmi Pad 2。

気になる本体価格は約300ドル(約4万3000円)で、今年の第3四半期に発売するとみられており、動画や音楽などを思う存分楽しめる上に価格も抑えた1台となりそうです。

・関連記事
新型「Xiaomi 13T Pro」詳細判明、価格と性能を両立した超優秀スマホが144Hzディスプレイ搭載やカメラ刷新へ | Buzzap!

1万円台の超格安テレビ「Xiaomi TV EA43」、超極薄ベゼル採用でDTS立体サラウンドやIoT連携対応のスマートTVに | Buzzap!

Xiaomiが6万円の格安大型冷蔵庫を発売、606Lの超大容量かつ多機能で電力消費も抑えられた1台に | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品[PR]