au「TORQUE G06 KYG03」まもなく発売、Snapdragon 7 Gen 1搭載でゲームも快適な高性能タフネススマホに



存続が決定したタフネススマホ「TORQUE」シリーズ最新モデルの詳細が一足先に明らかになりました。

どうやら発売が迫っているようです。詳細は以下から。

ベンチマークアプリ「Geekbench」公式ページによると、京セラは現在「KYG03」と呼ばれるスマホを開発しているようです。

型番ルールからau向けモデルであることが分かるため、「TORQUE G06(仮)」となる可能性が濃厚。シングルコアは1071、マルチコアは2986。OSのバージョンはAndroid 13で、マザーボードの名前は「taro」とされています。


コア構成(2.40GHz×1、2.36GHz×3、1.80GHz×4)から、ミドルハイ向けプロセッサ「Snapdragon 7 Gen 1」を搭載していることが分かります。


AnTuTuベンチマークスコア50万台後半のプロセッサを備えることで、ゲームなども快適に遊べるようになるKYG03ことTORQUE G06(仮)。

つい先日ほぼ同じ性能の「DuraForce PRO3」が北米向けに発売されたことを踏まえると、発売が近いと考えて差し支えないようです。

・関連記事
「G’zOne TYPE-XX」速攻レビュー、カシオの協力で完全復活した20周年モデルは稀代のタフネスケータイに | Buzzap!

すべてはシニアのために、京セラの「かんたんケータイ」シリーズ10機種を一気に振り返ってみた | Buzzap!

板状じゃない「未来のスマホ」も、夢がある京セラのコンセプトモデルいろいろ | Buzzap!


フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品(PR)