【お手柄】iPhone 14の「衝突事故検出」「衛星通信」機能、車ごと122メートル転落した男性の命を見事に救う



自動車と衝突したことを自動検知してくれる機能が、思わぬ事故もカバーできたことが明らかになりました。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、アメリカのロサンゼルスで崖から車ごと転落した男性のiPhone 14が自動で事故を通報したそうです。

男性はなんと車ごと400フィート(122メートル)下の谷底に転落してしまい、目視で発見することは困難でしたが、iPhoneのGPSが正確な位置情報を報告していたため、救助に成功したとのこと。

なお、事故が起きた場所は携帯電話の電波が入らない「圏外」であったものの、iPhone 14に初めて搭載された衛星通信機能が活躍したとされています。

「自分で電話ができない状況、しかも圏外」という状況から奇跡的に生還できたことを考えると、非常にお手柄といわざるを得ないiPhone 14の新機能たち。

なお、衛星通信についてはAndroidでも4月に市販スマホ(Galaxy S22)との音声通話実験が成功しており、着々と成果を上げています。

命を守ってくれる機能は言うまでもなく重要で、ユーザーが今後スマホを選ぶ上での判断材料にもなりうる要素。Androidではいつ実装できるのか、注目と期待が集まります。

・関連記事
不人気の「iPhone 14 Plus」がiPhone 13 miniより売れていることが明らかに、mini復活は絶望的か | Buzzap!

【カメラ比較】「Xperia 1 V」でGalaxy S23 UltraやiPhone 14 Pro、Pixel 7 Proと撮り比べてみた【昼間・逆光編】 | Buzzap!

どう見てもiPhone 14 Pro Maxのパチモノな「Realme Narxo N53」華麗に登場、お値段10分の1以下の超格安スマホに | Buzzap!


フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品(PR)