「Snapdragon 8 Gen 4」iPhoneのApple Aシリーズに酷似か、クアルコムが『周回遅れ』挽回に異例の方針転換



世界で初めて3nmプロセスを採用したApple A17搭載の「iPhone 15 Pro」によって、性能面で周回遅れにされてしまうことが約束されているAndroidスマホ。

そんな状況を打破すべく、クアルコムが奇策に打って出るようです。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、2024年にリリースされる予定の「Snapdragon 8 Gen 4」はコア構成が大きく変わるそうです。

これは最新スマホをはじめモバイル業界の技術面におけるリーク情報で多大な実績のあるDigital Chat Station氏が明かしたもの。

Snapdragon 8シリーズは、以下のように処理能力の高い「パフォーマンスコア」や省電力な「高効率コア」を必要に応じて使い分ける仕組みを採用していますが……

・Snapdragon 8 Gen 2
1+2+2+3(Arm Cortex-X3+Cortex-A715×2+Cortex-A710×2+Cortex-A510×3)

・Snapdragon 8 Gen 1
1+3+4(Arm Cortex-X2+Cortex-A710×3+Cortex-A510×4)

Snapdragon 8 Gen 4では「パフォーマンスコア(Phoenix L)×2、高効率コア(Phoenix M)×6」という、Apple Aシリーズと全く同じ構成になるとされています。

効率化を突き詰めた結果たまたまそこに行き着いたのか、それともあえて寄せたのかが気になるSnapdragon 8 Gen 4のコア構成。

従来のARMでなくクアルコムが傘下に収めたNuviaのコアを採用し、TSMCの「N3E」と呼ばれる3nmプロセスで製造されるほか、次世代のメモリ規格「LPDDR6」対応など大きくブラッシュアップされるだけに、Androidスマホが周回遅れの汚名を挽回することに期待が寄せられます。

・関連記事
【悲報】爆熱スマホ再来か、「Snapdragon 8 Gen 3」がiPhone 15 ProのApple A17対抗を目指すも不穏な空気に | Buzzap!

iPhone 15 Pro登場で「Android暗黒時代」突入か、周回遅れの性能差が2025年以降まで続くことに | Buzzap!

Pixel 8「Tensor G3」低発熱で高性能な『当たりプロセッサ』に、サムスンの製造技術が大幅に改善しTSMCに肉薄も | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 「Galaxy S23 Ultra」大幅値下げ、2億画素カメラの最新フラッグシップスマホが返却不要で大容量モデルも格安に
  2. 【朗報】「iPhone 15 Pro」修理費用が1/3に大幅値下げ、型落ちのiPhone 14 Proを買うと損する事態に
  3. 楽天モバイルが即解約に損害賠償を請求へ、1円スマホ持ち逃げ対策が新たな『縛り』になる懸念も
  4. 【格安】1万円ちょいの高精細8インチタブレット「Alldocube iPlay 50 Mini」うれしい値下げ、表示性能にこだわった電子書籍や動画、カーナビなどマルチに活躍できる1台に
  5. 【速報】ソニー「Xperia 5 V」一目で分かるプレゼンまとめ、大幅刷新でカメラやディスプレイ、音にこだわった『最強』コンパクトスマホはどこがすごいのか

モバイルに関連した楽天商品ランキング