Apple発表会2023まとめ、「iPhone 15」「Apple Watch Series 9」「Apple Watch Ultra 2」など正式発表へ



iPhone 15をはじめ、Apple Watchシリーズの後継機もお披露目されました。詳細は以下から。

◆事前に報道されていたことをざっくりまとめ
・iPhone 15、iPhone 15 Plus、iPhone 15 Pro、iPhone 15 Pro Max(iPhone 15 Ultra?)の4モデル
・世界初の3nmプロセスで製造された「Apple A17」ですべてのAndroidを過去に
・iPhone 15 Proシリーズは極薄ベゼルに
・初のUSB Type-C対応、ただしデータ転送速度が純正ケーブルとそれ以外で異なる可能性

詳しくは以下の解説記事を参照のこと。

【解説】「iPhone 15」携帯各社から9月22日発売、Androidを圧倒するApple A17 Proや無印にも高画質カメラ、2倍ズーム搭載に全機種Type-C対応で『値上げ分の価値はある1台』に | Buzzap!


◆発表会の様子
Apple Watchが救った人々の様子が描かれ、日本もクローズアップされています。










まずはApple Watch Series 9。





本体を重ねることで連絡先を交換できるNamedropにも対応。





新機能「ダブルタップ」。Apple Watchを着けている方の腕で親指と人さし指を合わせることで、デジタルクラウンと同じ操作が行えます。















次に「Apple Watch Ultra 2」が登場。












Apple Watch Series 9はGPSモデルが5万9800円、GPS+Cellularモデルが7万5800円。


Apple Watch Ultra 2は12万8800円で、9月22日発売です。




続いて、「iPhone 15」がお目見え。


Dynamic Islandを備え、ノッチが消滅しました。
















顔を認識して人物ごとに分類できるアルバムモードでは、ペットの顔も識別できるように。





















そして待望のUSB Type-C搭載。





ほかにも最大輝度の2000nitのディスプレイや衛星経由での位置情報共有などにも対応しています。


iPhone 15は国内価格で12万4800円から、iPhone 15 Plusは13万9800円から。




そしていよいよ「iPhone 15 Pro」の登場です。







チタニウム製ボディでiPhone 15 Proは187グラム、iPhone 15 Pro Maxは221グラムとそれぞれ約20グラムほど軽くなっています。









もう一つの特徴として、サイレントスイッチが「アクションボタン」へと変更されました。






ショートカットを活用してほかの機能を実行することもできます。


スリープモードで横向きに配置することで、スマートディスプレイのようになるスタンバイ機能も導入。



iPhone 15 ProおよびPro Maxに搭載されるプロセッサは「Apple A17 Pro」。




最新の3nmプロセスで製造されています。








また、USB 3に対応したUSB Type-C端子も搭載。





Apple A17 Proはレイトレーシングにも対応し、少ない消費電力で高品質なグラフィックを実現します。









PS4用ソフト「バイオハザード ヴィレッジ」や「バイオハザード RE:4」も発売されます。










iPhone 15 Proは3倍光学ズームに対応。


iPhone 15 Pro Maxは、iPhone史上最長となる5倍光学ズームに対応です。


独自のテトラプリズムデザインによって、光をガラス構造の中で4回反射させることで長い焦点距離を可能にしたとのこと。








さらに特筆すべきなのが、iPhone 15 Proで3Dの「空間ビデオ」を撮影できること。




撮影した空間ビデオはApple Vision Proで見ることができます。




価格はiPhone 15 Proが15万9800円から、iPhone 15 Pro Maxが18万9800円からとなっています。iPhone 15 Pro Maxはアメリカでも100ドル値上がりです。




・関連記事
【発表記念】iPhone 15記事まとめ、価格や発売日、解説など各種情報が一目で分かります | Buzzap!

【悲報】新型「iPhone SE(第4世代)」開発中止か、Appleが独自モデム開発失敗でクアルコムとの契約を2026年まで延長 | Buzzap!

iPhone 17 Pro向け「Apple A19」開発に着手、圧倒的な処理能力と低消費電力を実現する2nmプロセスでAndroidスマホを再び周回遅れの悪夢に | Buzzap!

【悲報】無印iPhoneは2027年まで120Hz非対応か、「iPhone 19」でようやく格安Androidスマホに追い付く可能性 | Buzzap!


フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品(PR)