【朗報】「iPhone 15 Pro」発熱問題にアップデートで対応へ、懸念された性能ダウンも回避か



一部の「iPhone 15 Pro」で本体が高温になると指摘されていた問題への対応に、Appleが早くも動きました。詳細は以下から。

ロイター通信の報道によると、今後のアップデートによってiPhone 15 Proが高温になる問題が改善されるそうです。

Appleは高温になる原因として、「iPhoneをセットアップまたは復元した直後にバックグラウンドで動くタスクの使用率が増えるため」と説明。

加えて「Instagram」や「Uber」、レースゲーム「Asphalt 9」などのサードパーティ製アプリも高温になる原因になるとしており、アプリの開発元と協力して修正にあたるとしています。

また、発熱問題に対処するために意図的に処理性能を低下させるといったアップデートは行わないとのこと。

Apple関連の確度の高いリーク情報などで著名なアナリストのミンチー・クオ氏は、軽量化のために放熱部分の設計を妥協したりチタニウム製フレームを使用したことを原因として挙げていました。

しかし、Appleは設計部分の放熱構造やチタニウム製ボディにより放熱性は向上しているとしています。

Android Authorityの調査でも、充電時には他のスマホとの発熱の差はみられなかったことから、あくまでタスク動作時の何かが原因であるとみられていた今回の発熱問題。


解決までは今しばらくかかりそうなものの、原因が特定されたとしていることから今後のアップデートも確実とみられるため、購入を迷っていたりすでに買ってしまったユーザーには朗報と言えそうです。

・関連記事
「iPhone 15 Pro」の深刻な発熱問題、Galaxy S23 UltraやPixel 7 Proとの温度比較で衝撃の結果に | Buzzap!

「iOS 17」以降バッテリー消費が超絶悪化、iPhone 13は3割減のパフォーマンスで12も過去最悪を更新 | Buzzap!

「Pixel」日本で6倍の売上達成、iPhoneのシェアを大きく奪う形に | Buzzap!


フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品(PR)