「超格安折りたたみスマホ」開発をサムスンが否定、Galaxy Z Flip6 FEは絶望的か



「折りたたみスマホの普及につながるか」とにわかに業界が沸き立っていましたが、早くも鎮火されてしまいました。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Samsungが「400~500ドルの格安折りたたみスマホを用意している」という話を否定したそうです。

これはSamsungの広報担当が語ったもので、「当社はミッドレンジの価格帯の折り畳み式スマートフォンを製造する予定はなく、最新の噂には根拠がない」とのこと。

最新スマホに関する数々のリーク情報を提供するRevegnus氏が発信元である点や、台湾の調査会社TrendForceも今月頭に「サプライチェーン関係者がSamsungが格安の折り畳み式スマホを計画していると明らかにした」と述べていたことから期待できるかと思いきや、一刀両断されてしまった今回の件。

ガラケーのように扱えてデコレーションもしやすいため、日本でも幅広い世代が持っている姿をちらほら見かけるようになった折りたたみスマホですが、深く根付く日はまだまだ遠そうです。

・関連記事
異色の高性能すぎる格安スマホ「Galaxy M44」ついに登場、コスト削減で意外なプロセッサを搭載など類を見ないハイエンドモデルに | Buzzap!

超格安ハイエンドスマホ「Realme GT Neo 6」開発中、『Xperia 1 Vと同性能で価格1/5』のえげつないコストパフォーマンスに | Buzzap!

Xiaomi新型格安スマホ「POCO X6」発売へ、iPhone 15 Pro Maxに迫る有機ELや1億画素カメラを備えて3万円のRedmi Note 13がグローバル版に | Buzzap!

『超格安Pixelは出さない』Google幹部が明言、廉価版「Pixel 8a」は発売される見込みに | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品(PR)