iPhone 16「冷却性能大幅アップ」か、グラフェンや金属ケース採用でバッテリー劣化を防ぎつつゲームを快適に遊べるように


iPhone 15 Proシリーズの発熱問題を受けてか、Appleがスマホの冷却に真剣に取り組む見通しであることが明らかになりました。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Appleが「iPhone 16」「iPhone 16 Pro」にグラフェンを採用する可能性があるそうです。

これはApple製品に関するリーク情報で知られる人物が明かしたもの。

グラフェンはゲーミングスマホなどにも採用されている放熱性能が高いシート上の物質。ただでさえゲームに強いiPhoneで、より快適にゲームを楽しめるようになることが期待されます。

また、もう一つ興味深いのが「iPhone 16 Proのバッテリーに金属ケースが用いられる」という情報。

スマホが過熱するとバッテリーの劣化が一気に進んでしまいますが、2段構えの発熱対策によって「バッテリーがいつまでも長持ちして、ゲームも快適に楽しめる」というメリットも期待できるわけです。

・関連記事
【朗報】「iPhone 16」全機種にApple A18搭載で『無印だけ型落ちプロセッサで差別化』廃止か、処理能力やバッテリー寿命など一気に向上へ | Buzzap!

「iPhone 16 Pro」6.3インチに大型化へ、6.9インチのiPhone 16 Pro Max登場など『ディスプレイのサイズまで差別化』のため極薄ベゼルほか新技術を採用か | Buzzap!

「iPhone 16に生成AI、iPad Pro(第7世代)発売前倒し」などAppleが大攻勢へ、12.9インチの大画面iPad Airも | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品[PR]