Windows10、11で「Edge」「Bing」「フォト」などプリインストールソフトを削除できるように


アップデートのたびに「既定のブラウザに設定しますか?」と聞いてきたり、他社のブラウザをインストールしようとすると警告を出す……などの地味な公式嫌がらせから、ようやく解放されるのかもしれません。詳細は以下から。

Windows公式ブログによると、MicrosoftはWindows 11向けに更新プログラムをリリースし、以下のアプリをアンインストールできるようにしたそうです。

・カメラ
・Cortana
・フォト
・「Bing」でのWeb検索(ヨーロッパのみ)
・Microsoft Egde(ヨーロッパのみ)

Windows 10においても2024年3月6日までに同様のアップデートが行われるとのこと。また、アンインストールした後でもすべてのアプリは公式から再インストールできます。

なおこれらの措置は、企業の独占を防ぎ新規参入をしやすくする「デジタル市場法」が、EUで2024年に3月から施行されることを受けたもの。

そのため、一部アプリのアンインストールはEU加盟国にアイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェーを加えたEEA(欧州経済領域)でしか行えないとしています。

ただし、Windowsのセットアップ時のみに選択できる「国/地域」がEEAであれば利用できるとしているため、PCを買い替えたりリセットする予定があるユーザーであれば日本でも使えるようです。

デジタル市場法は、ほかにもiPhoneのApp Store以外からもアプリをダウンロードできるようになる「サイドローディング」も義務づけており、Microsoft以外にも今後影響を及ぶことが予想されます。

好きなアプリを使いやすくするアップデートであるため、Windowsをよりカスタマイズして使いたいユーザーには朗報となりそうです。

・関連記事
AIが「ペイント」などWindows標準アプリに搭載、絵心無しでもテキストから画像生成できるように | Buzzap!

「Windows 11」が古いパソコン排除、ついにインストールできないように | Buzzap!

誰も使っていない音声アシスタント「Cortana」人知れず終了、BingやWindows 11の音声アクセスに切り替えを推奨 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

ソフトウェアに関連した楽天商品[PR]