Androidスマホの認証機能で他サービスにログインできる「パスキー」拡大へ、人類永遠の課題『パスワード忘れた』から脱却なるか



「パスワードを忘れた」

このストレスから解放される日が近付いています。詳細は以下から。

Google公式ブログによると、同社は他サービスへのログインに使える「パスキー」機能を将来的にAndroid OSに実装するそうです。

パスキーは、スマホの生体認証やパターン、PINなどをパスワードとして代用できる機能。

去年12月の大型アップデートで「Pixel 5a」以降のモデルや「Pixel Tablet」に実装されましたが、多くのデバイスで使えるようになります。


また、今まではGoogleアカウントへのログインなどに限定されていたものの、Yahoo!JapanやPayPal、Uberなどでパスキーが使えるようになるほか、対応サービスは今後さらに増える予定。


シニア世代にありがちな「パスワードの使い回し問題」を解決する糸口となるだけでなく「SMSや電話で2段階認証を行う」などの面倒な手続きが不要になる社会が、そう遠くないうちに実現するかもしれません。

・関連記事
Android間の「eSIM転送」ができるように、QRコードだけで他の機種間での動作も対応へ | Buzzap!

Android「ニアバイシェア」Galaxyと完全互換に、『クイック共有』に統合でiOS対応やWindowsプリインストールも | Buzzap!

Android 14「バッテリー状態」確認できる新機能、最適な交換時期をお知らせで快適な電池持ちに | Buzzap!


フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品(PR)