Snapdragon 8 Gen 4「類を見ない高性能GPU」搭載でリリース一気に前倒しへ、原神を解像度そのままで遊べるように



ここまで処理能力が上がってしまうと、そう遠くないうちにスマホゲームの要求スペックが一気に引き上げられてしまうかもしれません。詳細は以下から。

最新スマホやプロセッサなどにおいて確度の高いリーク情報で知られるDigital Chat Station氏によると、クアルコムが開発しているSnapdragon 8 Gen 4の理論上の性能がとんでもないことになるようです。

具体的には非常に高い処理能力を必要とするゲーム「原神」を、解像度を下げることなくネイティブ解像度(1080p)のまま遊べるようになるとのこと。

さらに「搭載したスマホが国慶節(10月1日)以降に順次発売される」としていることから、現行のSnapdragon 8 Gen 3よりも1ヶ月近く早い9月末~10月初頭には正式発表されるとみられます。

省電力コアを省いた設計へと変更される」「最大パフォーマンス時は消費電力が10Wまで上がって本体の冷却が追い付かなくなる」といった事前情報を踏まえると『理論上の性能』という表現の意味が見えてくるSnapdragon 8 Gen 4。

現実的な消費電力や発熱の範疇に抑えた時どれだけのパフォーマンスを発揮できるのか、そしてスマホメーカーはどこまでの発熱を許容するのかなど、注目すべきポイントは決して少なくなさそうです。

・関連記事
「Snapdragon 8 Gen 4」低クロック動作すらGen 2圧倒の『えげつない高性能』に、ただし消費電力や発熱問題の懸念消えず | Buzzap!

【悲報】「Dimensity 9400」史上最高価格へ、Snapdragon 8 Gen 4を上回る超高性能もスマホ値上げが避けられない情勢に | Buzzap!

Snapdragon 8 Gen 4が超高速な次世代メモリ「LPDDR6」対応か、iPhone 16 Proは見送りでAndroidスマホと処理能力やAI関連の性能差が歴然に | Buzzap!


フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品(PR)