ファーウェイ「Kirin 9100はSnapdragon 8 Gen 3に肉薄する性能」か、Androidからも完全脱却でアメリカの制裁は100%裏目に


苛酷極まる制裁を受ける中で投入にこぎつけた、独自開発プロセッサ搭載の「Mate 60」や「Pura 70」で破竹の快進撃を遂げているHuaweiですが、躍進はまだまだ止まらないようです。詳細は以下から。

Snapdragon 8 Gen 4の開発状況などをリークした実績のあるjasonwill氏の投稿によると、Huaweiが今年発表予定の「Kirin 9100」はSnapdragon 8 Gen 2より全体的に高いパフォーマンスを誇るそうです。

それだけにとどまらず、スコアこそ引けをとるかもしれないものの実際の使用感ではSnapdragon 8 Gen 3すら超えているとのこと。

非常に快適な使用感をAndroidよりメモリ使用効率が3倍高いとされる完全独自開発の「HarmonyOS Next」とKirin 9100を組み合わせることで実現するとみられており、iPhoneのようにハードウェアからソフトウェアまで完全に自前で手がけることになります。

中国に「第2のApple」を生み出すことになりつつあるアメリカの制裁。

『最先端プロセスの半導体を使えない代わりに、最適化やOSでカバーする』というアプローチで、どこまでiPhoneやAndroid陣営と戦うことができるのかが非常に気になるところです。

・関連記事
Huawei最新スマホ「P70」新たな独自開発プロセッサ搭載へ、処理能力が一気に向上で5nmプロセス採用の可能性も | Buzzap!

Huaweiスマホに「3nmプロセスの最先端プロセッサ」搭載か、SMICが5nm半導体も年内に実用化 | Buzzap!

【悲報】ファーウェイの世界初「三つ折りスマホ」発熱で開発難航か、旧世代7nmプロセスの「Kirin 9000s」シリーズは電力効率がネックに | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品[PR]