超高度情報化社会を彷彿とさせる無限の蜘蛛の巣を描いたスィリアック(Cyriak)の新作映像「cobwebs」

このエントリーをはてなブックマークに追加

イギリスの超有名アニメーターのスィリアック(Cyriak Harris)。名前は知らなくても彼のシュールで気持ちの悪いアニメにネットのどこかで遭遇したことはあるかもしれません。そんなスィリアックのイギリス人らしい風刺に満ちた最新作です。

映像のタイトルは「cobwebs」で、イギリス英語で蜘蛛の巣を意味しますが、同時に頭の中の混乱や複雑に入り組んだ罠という意味も持っています。グロテスクで無限に続いていく蜘蛛の巣を見ているとそれぞれの意味がじわじわと刺さります。

チップの蜘蛛がライン状を歩き回ります。

グロテスクな人間蜘蛛のインプットとアウトプット。

積み重なっていく建造物の蜘蛛がさらに巨大な構造を作っています。

動画はこちらから。音楽も不安をかきたてます。

SHORT stories – Cobwebs – Cyriak – YouTube

スィリアックの他の作品は以下から。

Baaa – YouTube

cows & cows & cows – YouTube

something – YouTube

Cycles – YouTube

さらに彼の作品を見たい場合は本人のサイトからどうぞ。映像だけでなく音楽やコミック、イラストなどの作品も多数掲載されています。

Cyriak

・関連記事
心をウキウキさせてくれる、OaKoAkのポップでお茶目なストリートアート BUZZAP!(バザップ!)

マルティン・クリマスの最新作、大量の絵の具と音楽で創り上げられたきらびやかな一瞬のオブジェ BUZZAP!(バザップ!)

超高速で回転するカメラで撮影した映像がサイケデリックな色彩マンダラに BUZZAP!(バザップ!)

流木で形作られた、あまりにもリアルで美しい馬の彫刻 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加