遠距離カップルに朗報、ネット経由で遠隔セックスできる大人のオモチャ

このエントリーをはてなブックマークに追加

以前BUZZAP!では2030年には電脳セックスが可能になるかもしれないという研究を取り上げましたが、その前段階として遠隔セックスができるガジェットが登場しています。

Connecting Lovers – LovePalz

「LOVEPALZ」というのがこの激しく未来を感じる製品の名前。男性用の「ZEUS」と女性用の「HERA」が存在しています。どう違うかは見ての通り。いずれも製品の身体に接触する部分には過敏性反応を起こさない医療用シリコンを使用しており、簡単に洗浄可能で繰り返し何度も使えます。

「LOVWPALZ」はwi-fiに対応しており、それぞれの器具に加えられた刺激が、インターネットを経由して接続している相手側の器具を動かすというのが基本的な仕組み。

要するに、「ZEUS」の内壁に対して出し入れや回転などの刺激を与えるとそれが「HERA」の動きとして伝わり、逆に「HERA」の棒状の部分に対して加えられた圧迫が「ZEUS」の内壁の圧力として伝わるということです。

男性用の「ZEUS」の内部の断面図。

こちらは女性用の「HERA」です。

それぞれの部分ごとのサイズはこのようになっています。

実際にどれ程リアルタイムで精密かつ滑らかに伝わるのかは試してみないことにはなんとも評価はできませんが、画期的であることには間違いありません。ネット環境さえあれば、遠距離恋愛や単身赴任などで直接会うことが難しい男女がより気軽に関係を保つことが容易になることでしょう。

なお、現在のサイトの記述からはこのガジェットが特定の「ZEUS」と「HERA」の間の1対1の関係に限定しての使用となるのかは不明です。例えば自分の「ZEUS」が世界中の「HERA」と接続可能だとしたら、これまでにはないカジュアルな関係を楽しむ男女が増える結果にもなりそうです。

これはスマフォを使って「LOVEPALZ」を使う際のイメージ画像。SkypeやLineで話をする感覚で気軽に使用できてしまいそう。

また「ZEUS」と「ZEUS」、「HERA」と「HERA」間での使用ができるのかも定かではありません。いわゆるノーマルとされる男女間での使用のみならず、様々なセクシャル・マイノリティのニーズにも対応できるとすると、インターネットを媒介に非常にボーダレスなソーシャル空間が誕生することにもなりそうです。

発売日は3月29日。以下のサイトからプレオーダーできます。「ZEUS」、「HERA」共に189ドル(約18000円)で送料別となります。

Pay Now Connecting Lovers – LovePalz

これは業界が大きく変わることになるかもしれません。

・関連記事
2030年には相手なしの電脳セックスで快楽を得られる社会が訪れる? BUZZAP!(バザップ!)

知られざるアダルトグッズ(大人のおもちゃ)工場の裏側 BUZZAP!(バザップ!)

男性諸君が気にしてやまない「日本人の平均ペニスサイズ」が明らかに BUZZAP!(バザップ!)

うわさの女性向けTENGA「iroha」のサイトがオープン、全貌が明らかに BUZZAP!(バザップ!)

あのTengaから女性向けブランド「iroha」の3月3日デビューが発表に BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加