桃太郎たち日本昔話オールスターズが悪のミッキーマウス軍団と全面対決する1936年の短編アニメ映画

このエントリーをはてなブックマークに追加

今から80年前、ミッキーマウスの登場する映画が作成されていました。詳細は以下から。

世界で知らない人はいないほどの知名度を誇るミッキーマウス。日本でも常にディズニーランドとディズニーシーはお出かけ先の人気としてはトップクラスです。そんなミッキーマウスが誕生した1928年からたったの8年後に日本ではミッキーマウスの登場するアニメ映画が独自に制作されていました。

「オモチャ箱 シリーズ 第3話 絵本 1936年」と題されたこのアニメ映画は1934年にJ・O・トーキー漫画部によって作成されたものです。

ストーリーとしては、南の島で楽しく暮らしているのらくろ(フィリックス?)たちがコウモリに乗って飛来した見るからに悪辣なミッキーマウスが島の明け渡しを求め、断るとコウモリ、ヘビ、ワニ軍団と共に襲撃してくるというもの。

これに対抗するため、日本昔話のヒーローたちが巨大な絵本から召還され、桃太郎、金太郎、一寸法師、浦島太郎、牛若丸と弁慶、さるかに合戦のキャラクターたちなどが戦います。戦車へと変身するさるかに合戦の臼、キジに乗った桃太郎とミッキーマウスの空中戦など見せ場が続き、最後は雲の上での一騎打ちに。結果は以下の動画からご覧下さい。

Evil Mickey attacks Japan – A 1936 japanese animation – YouTube

もうお分かりの方も多いと思いますが、この作品が作られた1936年は二・二六事件が起き、ナチスドイツ下でベルリンオリンピックが開催された年。翌年には盧溝橋事件から日中戦争が始まります。そうしたタイミングでこの映画ではアメリカ合衆国の人気キャラクターを悪役に、そして日本古来の昔話のヒーローを正義の味方としています。いわゆるプロパガンダ映画というものです。

これから9年後、日本が焼け野原になり、2発の原子爆弾を落とされ、ポツダム宣言を受諾してアメリカ合衆国ら連合国に無条件降伏したことは改めて言うまでもありません。

いつかこれに似たプロットの作品に出会ったら、このアニメ映画とこれ以降の日本の行く末についてもう一度思いを馳せてみてもよいかもしれません。

_Evil Mickey Mouse_ Invades Japan in a 1934 Japanese Anime Propaganda Film _ Open Culture

BILLY BAT (ビリーバット) コミックセット (モーニングKC) [マーケットプレイスセット]
浦沢 直樹 長崎 尚志
講談社
売り上げランキング: 128,613

・関連記事
1940年代後半、第二次世界大戦からの復興を果たしつつある東京の路上の貴重な動画 | BUZZAP!(バザップ!)

1920年代、大正デモクラシーをきらびやかに彩った「モダン・ガール」たち | BUZZAP!(バザップ!)

【画像】外国人写真家が見た1908年(明治41年)の日本の街角の日常風景 | BUZZAP!(バザップ!)

もしもあの名作ディズニー映画で悪役が勝っていたら…? | BUZZAP!(バザップ!)

勝てる気がしない、ディズニープリンセスが悪堕ちしたイラストシリーズ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加