どこからどう見ても「鳥」にしか見えない隠密型ドローンが開発される

このエントリーをはてなブックマークに追加

鳥だ!飛行機だ!いや、ドローンだ!!という世の中が訪れています。詳細は以下から。

世界中で認知度の高まるドローン。軍事用はもちろん、プロフェッショナルな撮影から休日のホビーとしてまで広く扱われるようになりました。

そんな中でドローンを使った犯罪も懸念されるようになり、場合によってはドローン飛行禁止のエリアも出てきています。

でも、このBionic Birdは通常のドローンとは全く違い、形も飛んでいる様子もまるで鳥のよう。ドローンであると気付かれずに飛ばすことができてしまいます。

Bionic Bird – The Furtive Drone – YouTube

しかもスマホアプリから操作でき、1回の充電で8分間飛行させられます。また、このBionic BirdにはCharging Eggというドローンを12回フルチャージできる卵形の充電器が付属しています。

実際に飛ばしている動画は以下から。

Bionic Bird – San Francisco 2016 – YouTube

Bionic Birdはこちらのストアから現在送料無料で99.95ドル(約10000円)で購入可能。

今後ドローンには見えないドローンが飛び回るようになった時、私たち人類はそれらを見分け、対策することができるのでしょうか?蝶にしか見えないドローン、小バエにしか見えないドローンが大量に飛び交う時代が来るのはそう遠い未来ではないのかもしれません。

The Bionic Bird, A Furtive Drone That Looks and Flies Like a Real Bird

・関連記事
新発売のドローン「DJI Phantom 4」が障害物回避機能、自動追跡機能を完備して新次元に | BUZZAP!(バザップ!)

三脚や自撮り棒が不要に?空中に「置く」だけで勝手にホバリングしてくれる超軽量ドローンカメラが開発される | BUZZAP!(バザップ!)

もう完全にSF、スイスで「耐衝突構造」を持つ球状ドローンが発売される | BUZZAP!(バザップ!)

こいつ…よけるぞ!ドローンがついに剣撃を回避する能力まで獲得 | BUZZAP!(バザップ!)

ドローンを使った等身大「スペースインベーダー」ゲームが作成される | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加