人工知能はクリスマスプレゼントの夢を見るか?AIが作詞作曲したクリスマスソングが公開される

このエントリーをはてなブックマークに追加

人類が追い越される日は遠くないのかもしれません。

クリスマスといえば街に溢れるクリスマスイルミネーションとおなじみのクリスマスソング。スタンダードナンバーに加えてジョン・レノンにワム!、山下達郎に松任谷由実など、毎年飽きるほど同じナンバーが繰り返されています。

そんな中で新たな風を吹き込むことになるのはもしかしたらAIのクリスマスソングかもしれません。Hang Chuさんはトロント大学のAIを用いてクリスマスソングを作詞作曲し、公開しました。まずは実際に聴いてみて下さい。

Neural Story Singing Christmas from Hang Chu on Vimeo.

なんとなくポップな曲調に仕上がっています。そして歌詞も何とも人間離れした味わい深さに満ちています。日本語訳してみます。

いっぱい部屋を飾らなきゃ
クリスマスツリーはお花でいっぱい
今日は間違いなくクリスマスイブ
あなたがそう言うことを望んでる
世界最高のクリスマスプレゼントは祝福なの
私は私たちの人生の残りの間中いつもそこにいた
100時間半前
私はあなたに会えて嬉しい
ホールから音楽が聞こえる
おとぎ話
クリスマスツリー
たくさんのたくさんのたくさんのお花

アルファ碁の打ち手と同じように間違いなく人間の作る歌詞ではありません。「I’ve always been there for the rest of our lives.」という文など、極めて奇妙ですが何らかの含蓄や暗喩にも感じられます。全体としてどこか病的にも見えますし、それでいて不思議な情景が目の前に浮かんでくるようです。

AIの語る祝福とはいったいどんなものなのでしょうか?AIはそれを「理解」しているのでしょうか?

An AI wrote a Christmas song _ Boing Boing

人工知能の作り方 ――「おもしろい」ゲームAIはいかにして動くのか
三宅 陽一郎
技術評論社
売り上げランキング: 770

・関連記事
4人の魂を感じる?人工知能がビートルズのタッチで作曲した「Daddy%26%238217%3Bs Car」 | BUZZAP!(バザップ!)

IBMの「人工知能」Watsonがボブ・ディランの歌のテーマを解明、その答えとは? | BUZZAP!(バザップ!)

2000万件の医学論文を読み込んだ人工知能Watson、特殊な白血病を10分で見抜き患者の命を救う | BUZZAP!(バザップ!)

AI搭載ロボットSophia、「人類、抹殺しちゃおうかしら」と発言 | BUZZAP!(バザップ!)

ゴッホやピカソまで、写真をどんな画家の画風にでも変換できるアルゴリズムが開発される | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加