UQ mobileとワイモバイルの保証サービスを比較、スマホの画面割れや水没・全損時に便利でお得なのは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

格安スマホ市場でひときわ存在感を発揮しているワイモバイルとUQ mobile。

月額1980円、iPhone SE……など、料金や目玉端末で並ぶところが多い両社ですが、万が一の時の保証サービスがお得なのはどちらでしょうか。さっそく比べてみました。詳細は以下から。

◆両社の保証サービスの月額料金、内容は?
まずは両社の保証サービスの月額料金を比較。24ヶ月の支払総額はUQ mobileが9120円で済むのに対し、ワイモバイルは1万6560円。

ワイモバイルの場合、保証サービスの支払い額に少し足せば格安スマホのエントリーモデルが買えてしまいます。

UQ mobile:端末補償サービス(月額380円)
ワイモバイル:故障安心パックプラス(月額690円)

そして両社が提供するサービスの内容は、基本的に自然故障や部分破損、水濡れ・全損時の預かり修理や端末交換が割り引かれるというもの。

端末補償サービス|UQmobile|格安スマホ・格安SIMのUQmobile

UQ mobileは料金プランを表で一覧できて分かりやすいのが特徴です。

故障安心パックプラス|安心・安全|サービス|Y!mobile(ワイモバイル)

ワイモバイルは電池パックの交換割引、スマホデータ復旧サービスもパッケージングされています。

◆画面割れや全損、水没時の費用は?
それでは早速、シチュエーションごとに発生する費用をチェックしてみましょう。

<画面割れ>
まずはスマホユーザーが遭遇するトラブルの代表格・画面割れ。預かり修理の場合、UQ mobileは上限5000円、ワイモバイルは1500円~。新品同様のスマホと交換してもらえる交換サービスはUQ mobileが5000円で済むのに対し、ワイモバイルは最大1万円になります。

・UQ mobile
端末交換サービス:5000円(年2回まで、2回目は8000円)
預かり修理:上限5000円

・ワイモバイル
端末交換サービス:7500円~1万円(年1回のみ)
預かり修理:1500円~(修理シミュレーターによる金額、メーカー確認次第のため上限不明)

<全損・水没時>
そしてスマホユーザーにとって最も面倒な全損・水没時はUQ mobileが預かり、端末交換共に5000円で済むのに対し、ワイモバイルは5000円~1万円。全損・水没時は確実にUQ mobileがお得だと思われます。

・UQ mobile
端末交換サービス:5000円(年2回まで、2回目は8000円)
預かり修理:上限5000円

・ワイモバイル
端末交換サービス:7500円~1万円(年1回のみ)
預かり修理:5000円、外装交換を伴う場合+1500円~(利用後6ヵ月間は利用不可)

ワイモバイルでは水濡れ修理にあたり、外装交換の費用も合わせて請求される場合があるとのこと。「雨の日にスマホを水たまりに落として破損、浸水」といったケースの場合、注意が必要なようです。

◆便利さが段違い、交換サービスを使うならUQ mobile
このようにスマホが故障した場合、必要に応じて預かり修理、交換サービスで対応するというスタンスの両社。しかし両社の交換サービスに大きな違いがあることは念頭に置いておいた方がいいと思われます。

まずはUQ mobile。端末交換受付センター(0120-466-446)に電話すると翌日~翌々日に交換用のリフレッシュ品が届き、SIMカードを差し替えてから旧機種を返送するという仕組み。

それなりの日数を要し、代用機などの手配も面倒な預かり修理と異なり、ショップに足を運ばずとも最短で翌日に問題が解決します

さらに「画面が割れたもののまだ操作はできるスマホ」などを交換してもらう場合、今まで使ってきた機種と交換用の機種を並べて「タップアンドゴー」でGoogleアカウントなどの各種設定を引き継いだりできるわけです。データの移し忘れなどを実機を使ってチェックできるのは、なかなか便利ではないでしょうか。

対してワイモバイルの場合、故障交換サービスを申し込んだ段階で今まで使っていたスマホは回収。さらに交換代金も7500円~1万円と機種により異なり、交換できるのは年に1回のみ、店頭在庫次第では取り寄せに1週間程度かかる場合があるなど、提供条件はあまり良くありません。

◆トータルコスト、利便性で考えればUQ mobileに軍配
スマホのデータ復旧サービスや電池パック交換時の割引などが盛り込まれたほか、画面割れの際の預かり修理が安いなど、それなりに手厚いワイモバイルの「故障安心パックプラス」。

しかし月額料金がほぼ半額で済み、全損・水没時の修理代金が安く、交換サービスが便利なことなどを踏まえると、UQ mobileの「端末補償サービス」に軍配が上がるのではないでしょうか。

ちなみにUQ mobileの端末補償サービスはauの「故障紛失サポート(月額380円)」、ワイモバイルの故障安心パックプラスはソフトバンクの「あんしん保証パック(月額500円)」をベースにしたもの。

しかし故障安心パックプラスにはソフトバンクに無い「故障交換サービス」が追加されているため、その分月額料金が高くなってしまっているようです。

・関連記事
【追記あり】UQ mobileとワイモバイル版「iPhone SE」の月額料金を比べてみた | BUZZAP!(バザップ!)

月額料金なんと180円、UQ mobileとワイモバイルがiPhone 5sを捨て値で販売中 | BUZZAP!(バザップ!)

【格安iPhone】UQ mobileの「iPhone SE」速攻レビュー、大手3社の半額なのに爆速&節約モードで他社を圧倒 | BUZZAP!(バザップ!)

UQ mobileのiPhone SEと5sはどれだけ性能が違うのか、格安iPhoneを徹底比較してみた | BUZZAP!(バザップ!)

UQ mobileの通信速度を格安SIMが苦手な「平日12時台のオフィス街」で測定してみたら驚きの結果に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加