明日(2017年6月1日)からお酒を安く買うことができなくなります

このエントリーをはてなブックマークに追加

「仕事帰りにお家で晩酌」が、明日から少し厳しくなります。詳細は以下から。

国税庁公式ページによると、明日から改正酒税法が施行されるそうです。

これは「酒税の保全及び酒類の取引の円滑な運行を図るため」として、小売業者に対して「公正な取引の基準」の遵守を求めるもの。

これだけでピンとくる人は少ないと思われますが、要はスーパーやディスカウントショップ、ドラッグストアなどで行われている「他の商品を買ってもらうことで埋め合わせることを前提とした酒類の原価(仕入れ値や輸送費に、新たに人件費などを加えた総販売原価)を下回る価格での販売」を強く規制するという内容です。

従わない場合、最悪行政指導まで行われる今回の酒税法改正。すべての酒類が対象となり、とりわけビール類(ビール、発泡酒、第3のビール)、缶酎ハイ類、一部ウィスキーなどが大幅に値上がりすることが予想されています

ありとあらゆるものが値上げないし値段そのままで内容量が減る中、お酒の底値が大きく引き上げられることになるため、頭を抱える人も少なくないと思われます。

・関連記事
SSDやmicroSDは5~6月が買い時か、時期を逃すとフラッシュメモリは再び高騰へ | BUZZAP!(バザップ!)

2017年はスマホ部品が世界的に不足、本体値上げや弱小メーカー淘汰のおそれも | BUZZAP!(バザップ!)

27年ぶりとなるクロネコヤマトの値上げは最大200円程度、小さい荷物・近距離ほど割高に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加