2017年夏スマホのカメラ頂上決定戦その3、HTC U11・AQUOS R・Galaxy S8・Xperia XZsで明るいところを撮影してみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

かなり厳しい暗所での撮影を行った第1弾ネオン輝く夜の街の様子をお届けした第2弾に引き続き、2017年夏モデルスマホのカメラ比較をお届けします。

今度は”おハイソ”な街で明るい時間帯の風景を撮影してみました。詳細は以下から。

◆マツコにディスられることでおなじみ、二子玉川を撮影してみた
今回撮影してみたのは、よくマツコ・デラックスにディスられることでおなじみのおハイソタウン・二子玉川(ニコタマ)。基本的にカメラの設定には手を加えずオートで撮影しています。※AQUOS RやHTC U11など、未発売機種のカメラは製品版と仕様が異なる可能性があります。

まずは「二子玉川ライズ」のタウンフロント、リバーフロントを臨んだところ。掲載順はAQUOS R、Galaxy S8+、HTC U11、Xperia XZs、isai vivid、Qua Phone QX、TORQUE G03です。

AQUOS Rだけ別格の広さ。格子状になった天井やオブジェ、人などの写り方を見ていくと違いが分かります。

まだまだ頑張るisai vivid。Qua Phone QXがTORQUE G03より明るく写っています。

タウンフロント側を撮影したところ。「連絡橋部分に差し込む強い日差しをどう表現しているか」「画面左下のお店がどう写っているか」などに注目してみましょう。

画角が狭くて意図したエリアをカバーできないisai vivid。

二子玉川駅を臨んだところ。恐ろしいほど太陽光が写り込む中、AQUOS R、HTC U11の写りがなかなか良い感じに。



さらに奥に進んでみました。画面中央の階段や左右上部にあるレンガの質感、全体的な発色などを見比べてみましょう。



蔦屋家電の前。明るく華やかに写るAQUOS R、HTC U11、Xperia XZsに対し、Galaxy S8+がそつない仕上がりに。ちなみに掲載順はAQUOS R、Galaxy S8+、HTC U11、Xperia XZs、isai vivid、Qua Phone QX、TORQUE G03です。※AQUOS RやHTC U11など、未発売機種のカメラは製品版と仕様が異なる可能性があります。



奥にある2つの居住棟を撮影したところ。AQUOS Rの画角の広さが際立ちます。

写真写りで善戦していたisai vividは画角の狭さが際立ってしまいました。

近くにあった植物を接写。やはりメーカーごとにアプローチは全然違います。



◆総評
各機種の特徴をざっくりと解説すると、こんな感じになります。なお、AQUOS RやHTC U11など、未発売機種のカメラは製品版と仕様が異なる可能性があるため、あくまで開発版に関する評価です。

・AQUOS R
フォーカスの早さや画角の広さが強み、色鮮やかに撮れる傾向にあります。

・Galaxy S8+
暗所撮影およびシャープな仕上がりが強み、色味は無難な感じに。

・HTC U11
暗所でも明るく写そうとする傾向。色味はやや明るめ。

・Xperia XZs
上手くするとどの機種よりも暗所撮影がキレイに撮れることも。

・Qua Phone QX、TORQUE G03
せめてisai vividに迫る画質は欲しかったところ。

・関連記事
2017年夏スマホのカメラ頂上決定戦、HTC U11・AQUOS R・Galaxy S8・Xperia XZsなどを比べてみた その1 | BUZZAP!(バザップ!)

2017年夏スマホのカメラ頂上決定戦その2、明暗差激しいネオン街で実力を確かめてみた | BUZZAP!(バザップ!)

スマホの通信制限に引っかかる人は一体何を対策すればいいのか | BUZZAP!(バザップ!)

新しいスマホで古いmicroSDカードを使い回してはいけません | BUZZAP!(バザップ!)

まさに爆速快適、SIMロックを解除したauスマホをUQ mobileで使ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加