「arrows M04 PREMIUM」超速攻レビュー、UQ mobile版はスペックを向上させた特別仕様に

このエントリーをはてなブックマークに追加

以前Buzzap!で「使い勝手を向上させたはいいものの、今どきその性能はどうなんだ」と歯に衣着せずぶった切ってしまった富士通のSIMフリースマホ「arrows M04」。

なんとUQ mobile版はスペックを向上させた特別仕様モデルになりました。詳細は以下から。

これがUQ mobileが発売する「arrows M04 PREMIUM(10月26日発売)」。5インチHD(1280×720)IPS液晶搭載のAndroid 7.1スマホで、ハンドソープで洗えるほか、MIL規格23項目に準拠することで、防水防塵は1.5メートルの高さから落としても画面が割れない耐衝撃性能などを獲得しています。

背面には1300万画素カメラ。バッテリー容量は2580mAhです。




ワンセグ、おサイフケータイに対応。見やすく使いやすい「かんたんセット(ホーム&アプリ)」搭載で、ガラケーから移行しやすいモデルです。

実際に触ってみたところ。すでに販売されているarrows M04はSnapdragon 410、2GB RAM/16GB ROM搭載ですが、arrows M04 PREMIUMは3GB RAM/32GB ROM搭載に性能アップ。メモリやストレージに余裕を持たせることで、より快適に利用できるようになっています。

カラーバリエーションは3色。UQ mobile限定カラーとしてレッドがラインナップされます。

・関連記事
オール日本勢で攻めたUQ mobile/UQ WiMAXの2017年秋冬モデル発表会まとめ、スマホの性能やルーターの通信品質底上げも

毎晩激遅になるフレッツ光の代わりにWiMAX 2+ホームルーター「novas Home+CA」を指名買いすべきワケ | BUZZAP!(バザップ!)

毎晩1Mbps以下になるフレッツ光が地獄なのでWiMAX 2+ホームルーター「novas Home+CA」を試してみた | BUZZAP!(バザップ!)

ついにWiMAX 2+の屋外基地局数が3万を超える、下り最大440Mbpsエリア全国展開&上り速度も30Mbpsに | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 8の月額料金を携帯各社の新旧プランで比較、ライトユーザーはau一択&ウルトラギガモンスターよりWiMAX 2+とのセットが有利に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加