【カメラ比較】Xperia XZ1、Mate 10 Pro、Galaxy Note 8、isai(LG)V30+、iPhone 8/Xなどの2017冬スマホで夜景を撮ってみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

そろそろデュアルカメラも珍しくなくなってきた2017年冬モデルスマホ。

そこでApple、ソニー、Samsung、Huawei、LGの最新スマホで夜景を撮り比べてみました。さながらスーパースマホ大戦の様相を呈しています。詳細は以下から。

◆各モデルのカメラ機能をおさらい
今回比較に用いたスマホは各社のフラッグシップとなる「Xperia XZ1」「Mate 10 Pro」「Galaxy Note 8」「isai V30+」「iPhone 8 Plus」「iPhone X」の6機種。そこに2017年夏モデルの「HTC U11」とハイミドルモデルのau版「AQUOS R Compact」を加えて比較してみました。

なお、isai V30+およびAQUOS R Compactは発売前のモデルのため、製品版と仕様が異なる可能性があります。

・Xperia XZ1
F2.0、広角25mmレンズ採用の約1920万画素Motion Eyeカメラ搭載。高速オートフォーカスを実現するレーザーAFに目で見たままの色を表現できるRGBC-IRセンサーや逆光や夜景、風景や人物、料理など、13種類のシーン×4つのコンディションを自動で判断する「プレミアムおまかせオート」で快適に撮影できます。

・Mate 10 Pro
F1.6のライカダブルレンズを採用した2000万画素モノクロセンサー+1200万画素RGBセンサーのデュアルカメラ搭載。光学手ブレ補正機能やAIを用いたリアルタイムで被写体認識をする機能により、色やコントラスト、明るさ、露出などを自動的に調整できます。

・isai V30+
約1650万画素(F1.6、71度)+約1310万画素(F1.9、広角120度)のデュアルカメラを搭載。前モデルisai Beatでは広角側のカメラがピーキーすぎて使いこなしづらい130度な上にF2.4、800万画素と実用面に難がありましたが、今回は画質を向上させた上でバランスを整えています。

・Galaxy Note 8
光学手ブレ補正をサポートし、すべての画素がPDAF(像面位相差オートフォーカス)に対応したデュアルピクセル仕様のF1.7広角1200万画素カメラとF2.4の光学2倍ズーム1200万画素カメラを搭載。

・iPhone 8 Plus
Focus Pixelsを使った高速オートフォーカスに対応した光学式手ブレ補正対応のF1.8広角1200万画素カメラとF2.8光学2倍ズームカメラを搭載。自動でHDRがかかるようになりました。

・iPhone X
Focus Pixelsを使った高速オートフォーカスに対応したF1.8広角1200万画素カメラ(光学式手ブレ補正対応)とF2.8光学2倍ズームカメラ(光学式手ブレ補正対応)を搭載。自動でHDRがかかるようになりました。

・HTC U11
すべてのピクセルをPDAF(像面位相差オートフォーカス)に利用できる「Uウルトラスピード・オートフォーカス」や多軸制御の光学・電子手ブレ補正対応のF1.7 1200万画素カメラを搭載。グローバルなカメラ評価機関「DxOMark」で世界最高となる90スコアを獲得しました。

・AQUOS R Compact
PDAF(像面位相差オートフォーカス)とコントラストAFを組み合わせた「ハイブリッドAF」採用の焦点距離約25mm、1640万画素カメラを搭載。

◆さっそく夜景を撮影してみた
実際に都内の夜景を撮影してみた写真は以下。基本的にカメラの設定には手を加えず、あくまでオートで撮影。「カメラの暗所撮影性能を試す」という主旨から、フラッシュおよびモバイルライトはオフにしてあります。※isai V30+は発売前のため、製品版と仕様が異なる場合があります。

・上野公園不忍池
まずは上野公園不忍池から。向こう岸に見えるマンションの窓や壁、地面のタイル、空を見ると、各社ごとのアプローチの違いが分かります。まずはXperia XZ1とMate 10 Pro。夜空に色を付けようとするXZ1と、モノクロセンサーを上手く使って「暗い夜空」を表現しようとするMate 10 Pro。このアプローチの違いはかなり面白いのではないでしょうか。

自然な色合いのGalaxy Note 8。メインカメラ、望遠カメラの順番です。

ディスプレイ映えするビビッドな色味のisai V30+。メインカメラ、広角カメラの順番ですが、広角側のクオリティは「これ本当に同じ場所で撮ったの?」と思えてしまうほどです。

iPhone 8 Plus。メインカメラ、望遠カメラの順番。iPhone 6sあたりまでの「白く飛んで破綻しないよう暗めに写る」という風潮はなくなり、明るくかつディティールを損ねない撮り方ができるようになりました。

iPhone X。やはりメインカメラ、望遠カメラの順番ですが、望遠カメラがiPhone 8 Plusより明るい気がします。

そしてHTC U11、AQUOS R Compact。他のモデルと十分渡り合える画質のHTC U11に対して、AQUOS R Compactはかなり残念な結果に。夏に同じ場所で撮影したAQUOS Rの写りと比べてみても明らかにノイジーです。

・上野公園不忍池 その2
さらに近づいてみたところ。写真はXperia XZ1のもの。Mate 10 Proで撮影しそびれていました。すみません……

Galaxy Note 8

isai V30+

iPhone 8 Plus

iPhone X

HTC U11、AQUOS R Compact

・東京都庁
続いては美しくライトアップされていた東京都庁。Xperia XZ1では賑やかに、Mate 10 Proは締まった感じに撮れました。どちらを好きだと思うかは大きく分かれそうです。

自然な色合いでそつなく撮れるGalaxy Note 8

色鮮やかで明るいisai V30+。広角レンズだと見える世界が全く違います。

iPhone 8 Plus。

iPhone X。iPhone 8 Plusともどもすごいのが、「望遠ズーム時に都庁先端、ライトアップ部の天井にあるパネルの模様がはっきり見える」という部分。実はGalaxy Note 8だとそこまで見えません。

まだまだ戦えるHTC U11。写真がざらつきがちなAQUOS R Compactですが、この特徴はAQUOS Rと似ています。

・都庁の展望室
続いては入場無料で地上202メートルの高さから東京を一望できる展望室に。

中央奥にある七色の東京タワーや手前のビルの窓、時計塔の文字盤などを見ると、Xperia XZ1よりMate 10 Proが大きくリードしていることが分かります。どうやらモノクロセンサーはダテじゃないようです。

善戦しつつも望遠ズーム時はあまりぱっとしないGalaxy Note 8

オートだと標準カメラでの撮影時にピントが甘くなってしまったisai V30+。広角カメラは他のスマホと違う世界を見ているかのようです。

iPhone 8 Plus。iPhone Xともども、かなり善戦しています。

iPhone X

HTC U11、AQUOS R Compact

・南西方面
続いては新宿パークタワー、東京オペラシティなどが見える南西方面。夜の街を鮮やかかつ攻殻機動隊のワンシーンのようなテイストで写し出せたXperia XZ1に対し、モノクロ感強めに写ってしまったMate 10 Pro。こちらはXperiaに軍配が上がりそうです。

少し奮わない感のあるGalaxy Note 8

isai V30+は標準、広角ともそれなりに撮れました。

iPhone 8 Plus。標準カメラはそつなく撮れていますが、望遠は今ひとつ

iPhone Xもほぼ同じです。

HTC U11も頑張りを見せてくれました。

お次もXperia XZ1が鮮やかに撮れ、Mate 10 Proはモノクロ感強めに。

もう少し頑張って欲しいGalaxy Note 8

isai V30+は広角カメラがユニークな光景になりました。

iPhone 8 Plus。やはり標準カメラはそつなく撮れます。

iPhone X。(望遠側は撮影ミス)

HTC U11、善戦した感のあるAQUOS R Compact

・練馬方面
あまり高層ビルなどが見えず、比較的明かりも少ない練馬方面でもXperia XZ1とMate 10 Proは同じ傾向。Mate 10 Proの写り方はある意味見たままの「夜」ですが、「写真として残した場合にどちらがうれしいか」を考えると、悩ましいところです。

かなりいい感じに撮れたGalaxy Note 8

オートだと標準カメラのピントがまたしても甘くなったisai V30+。一方で広角側のカメラは都庁の建物自体が映り込むなどせず、夜空を余すところなく写し出せます。これは楽しいかもしれません。

iPhone 8 Plus。iPhone Xともども望遠カメラもよく作り込まれています。

iPhone X

HTC U11、AQUOS R Compact

・新宿駅方面
Xperia XZ1、Mate 10 Pro。鮮やかさではソニー、ディティールではHuawei。

Galaxy Note 8

コクーンタワーまで写せるisai V30+。こちらもディティール、色合いとも悪くありません。

iPhone Xともどもバランスの良さを見せつけたiPhone 8 Plus

iPhone X

HTC U11、AQUOS R Compact

ただでさえ機種が多い上に、デュアルカメラを採用したことで画像枚数がべらぼうに増えてしまった2017年冬モデルのカメラ比較記事。次は極端な暗所、より明暗がくっきり分かれるスポットなどを中心に撮影レビューをお届けします。

・関連記事
【カメラ比較】Xperia XZ1、Mate 10 Pro、Galaxy Note 8、isai(LG)V30+、iPhone 8/Xなど2017冬スマホ、結局オススメなのは? | BUZZAP!(バザップ!)

【カメラ比較】明暗激しいネオン街でXperia XZ1、Mate 10 Pro、Galaxy Note 8、isai(LG)V30+、iPhone 8/Xなど2017冬スマホの実力を試す | BUZZAP!(バザップ!)

【ベンチマーク比較】Xperia XZ1、Mate 10 Pro、Galaxy Note 8、isai(LG)V30+、iPhone 8/Xなど2017冬スマホの性能は? | BUZZAP!(バザップ!)

【発熱耐久実験】Xperia XZ1、Mate 10 Pro、Galaxy Note 8、isai(LG)V30+、iPhone 8/Xなど2017冬スマホを比較 | BUZZAP!(バザップ!)

2017年夏スマホのカメラ頂上決定戦、HTC U11・AQUOS R・Galaxy S8・Xperia XZsなどを比べてみた その1 | BUZZAP!(バザップ!)

2017年冬モデルの「全画面スマホ」を並べて比較、画面占有率が高いのは? | BUZZAP!(バザップ!)

2017年夏スマホのカメラ頂上決定戦その2、明暗激しいネオン街でHTC U11・AQUOS R・Galaxy S8・Xperia XZsの実力を確かめてみた | BUZZAP!(バザップ!)

2017年夏スマホのカメラ頂上決定戦その3、HTC U11・AQUOS R・Galaxy S8・Xperia XZsで明るいところを撮影してみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加