50本ものスプーンが身体に貼り付く「マグネットマン」、車のボンネット+成人男性まで貼り付ける

このエントリーをはてなブックマークに追加



体内に磁力を持っていると主張し、身体にスプーンはおろか「車のボンネット+成人男性」まで貼り付けてしまう「マグネットマン」が登場しました。

'Magnetic man' sticks spoons to his skin - Unexplained Mysteries

彼はグルジアに住む39歳のキックボクシングトレーナーで、名をEtibar Elchyevといいます。1年前のある日「顔の上にスプーンを置いてバランスを保つ」カテゴリーのギネス世界記録に挑戦していたところ、皮膚に金属が張り付くことを発見し、自らが磁力という特殊能力を持つ「マグネットマン」であると自覚したとのこと。なぜ彼の身体が金属を引き付けるほどの磁力を持っているのかは明らかになっていないそうです。


真剣な表情で50本ものスプーンを身体に貼りつけています。ちなみに、「顔の上にスプーンを置いてバランスを保つ」世界記録は27本。


さらには重さ14Kgの車のボンネットを身体に貼りつけ、その上に92Kgの男性が座るという荒業も披露。明らかに身体が傾いているのは気になるところです。


実は、これまでにも彼のように「自分は磁力を持っている」と主張している人物は世界中の至る所に登場しています。自称マグネットマンに共通する特長としては「体脂肪が多い」「ベタつくほどにモチモチとした肌を持っている」といったものがあり、今回のEtibarさんも同じ系統だと言えそうです。個人的には磁力ではなく、単にベタついた皮膚に金属が張り付いているだけなのではと思ってしまいますが、どうでしょう?

実際にスプーンや「車のボンネット+成人男性」を身体に貼りつけている様子はこちら。彼が本当のことを言っているのかどうか、是非自分の目で確かめてください。

Magnet man sticks car bonnet to chest - YouTube


・関連記事
寄せて上げるブラの広告に男性モデルが起用される | BUZZAP!(バザップ!)

【閲覧注意】インド人もびっくり!シーク教徒たちの脅威の流血パフォーマンス | BUZZAP!(バザップ!)

大麻を吸引して運転するのは飲酒運転より安全、という研究結果が出される | BUZZAP!(バザップ!)

ものの1分半で精緻な風景画を指で描き上げるアーティストの超絶技巧動画 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加