ロシアさんが群馬を破った!世界最長2.5kmのカッパ巻き

このエントリーをはてなブックマークに追加



以前ウクライナの巨大なSUSHI絵画を紹介しましたが、今度はロシアさんがなんと世界最長、2.5kmに渡る巨大なカッパ巻きを製作しました。旧ソ連圏のSUSHIへの偏愛ぶりは留まるところを知りません。


The Longest Roll In The World _ English Russia

この無茶苦茶な試みを達成したのはロシアのエカテリンブルクにあるSUSHIレストラン。60人のSUSHIシェフが1.5トンの米と500kgのキュウリ、1万4千枚の海苔と25kgのゴマを使って作り上げました。ゴマをしっかり使っている辺り、好感が持てます。

なお、これまでの「世界一長い巻き寿司」のギネス世界記録は群馬県の日本郵政公社労働組合(現在の日本郵政グループ労働組合)連絡協議会が2007年4月22日に達成した2,033.3 mでしたが、それを500m更新しての新記録の達成となります。



(クリックで拡大)

その事実にも驚きなのですが、この挑発に群馬がどう応えるのか今後の展開が楽しみなところ。これを超えるSUSHIをぜひとも日本で見てみたいところです。

以下、新記録を達成したその寿司の全貌です。

何度も折り返されて巨大なテーブル上に並べられたロープ状のカッパ巻き。芸術作品と言われたほうがしっくりきそうです。


ロシア人たちが固唾を飲んで見守っています。


大勢のSUSHIシェフたちがカッパ巻きを切り分けています。


切られてしまえば元がどれだけ長かろうと普通の美味しそうなカッパ巻き。不思議です。



・関連記事
寿司で巨大な絵画を描く試みがウクライナで行われる BUZZAP!(バザップ!)

破壊的カロリーのアメリカンスナック「揚げバター」 BUZZAP!(バザップ!)

世界一ど派手でキラキラと美しい巻きグソ型クッキー「ユニコーンのうんこ」 BUZZAP!(バザップ!)

新ジャンル「濃厚つけ麺ガール」を体感してきた BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加