延期続きだったBUFFALOのXiルーター「BF-01D」がようやく発売へ、「BF-01C」発表から苦節10ヶ月

このエントリーをはてなブックマークに追加



昨年5月に2011年夏モデルとして発表されたBUFFALOのXiルーター「BF-01C」。

FOMA対応ルーター「BF-01B」の後継機種にあたるモデルですが、発売延期が続き、発表から10ヶ月の時を経て「BF-01D」として発売されることが明らかになりました。

詳細は以下から。



報道発表資料 : Xi対応データ通信専用端末2機種を開発 | お知らせ | NTTドコモ

NTTドコモの報道発表資料によると、同社は2012年3月に下り最大75Mbps、上り最大25Mbpsの「Xi(クロッシィ)」に対応したBUFFALO製のモバイルWi-Fiルーター「BF-01D」を発売するそうです。

「BF-01D」は2011年夏モデルとして開発した未発売の機種「BF-01C」に、下り最大14MbpsのFOMAハイスピード対応や筐体デザインの向上を施したモデル。16GBのフラッシュメモリを内蔵し、複数の無線LAN対応端末でコンテンツを共有できる携帯型無線サーバーとしても利用できるほか、DLNA対応の液晶テレビにも対応。


最大12台のIEEE802.11 b/g/n対応機器を接続できるほか、2種類の異なる暗号レベルの製品を同時に利用できるなど、ルーターとしての機能も充実しており、バッテリー駆動時間は3G接続時が約5.5時間、Xi接続時が約4時間。

また、回転式USBコネクタを採用することで他のUSBポートをふさがずに済むUSB端末「L-03D」も2月に発売されます。


・次の記事
ついにXiルーター「BF-01D」発売日決定、「BF-01C」発表から幾星霜 | BUZZAP!(バザップ!)

・関連記事
NTTドコモ、スマートフォンの新機種と新ブランドを2月1日に発表へ | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモの新機種&新ブランド発表会、隠し球は「新サービス」か | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモが基本使用料0円に、「応援学割2012」強化で対抗姿勢を鮮明に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加