NTTドコモに続きKDDIも一部で通信障害、通信設備の故障で

このエントリーをはてなブックマークに追加



先日NTTドコモが新型パケット交換機の動作が不安定となった事による通信障害を引き起こしましたが、今度はKDDIでも一部で通信障害が発生していたことが明らかになりました。

詳細は以下から。



(PDFファイル)東京都西部における通信障害について

KDDIのプレスリリースによると、2012年1月25日23時33分から2012年1月26日3時3分の間、au携帯電話サービスおよび固定通信サービスが利用しづらい事態が発生していたそうです。これはKDDIの通信設備(伝送設備)の故障が発生したことによるもので、影響したエリアは東京都(昭島市、あきる野市、青梅市、立川市、福生市、小平市、武蔵村山市、国分寺市、東大和市、国立市、西多摩郡瑞穂町)の一部。

影響範囲はau携帯電話の一部機種(現在調査中)、メタルプラス電話が1万7065回線、ケーブルプラス電話は4万7691回線、auひかりマンションは6269回線、メタルプラス電話(事業所用)は957回線、その他サービス121回線となっています。

・関連記事
iPhoneをはじめ各社の武器を次々獲得、「選べる自由」を実現したauのスマートフォン戦略まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

写真で振り返るINFOBARの歴史、これが「INFOBAR C01」への系譜 | BUZZAP!(バザップ!)

UQ WiMAXが実人口カバー1億人を前倒しで達成、今後のエリア拡大にも期待 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加