「Pocket Wi-Fi」が実質0円に、イー・モバイルが通信料込みのプリペイド端末を格安提供中

このエントリーをはてなブックマークに追加



2009年11月に初代モデルが発売され、瞬く間に人気となったイー・モバイルのモバイルルーター「Pocket Wi-Fi」。

ノートパソコンや携帯ゲーム機、スマートフォンなどの無線LAN対応機器で手軽にネット接続できる……というスタイルを広く普及させた先駆者的存在ですが、イー・モバイルが本体価格実質0円のプリペイド端末として販売してることが明らかになりました。

詳細は以下から。



イー・モバイル データ通信/電話サービス 新規お申し込み 製品一覧 データ通信サービス Pocket WiFi (D25HW) アウトレット


イー・モバイルの公式オンラインショップによると、2月3日16:30現在、プリペイドサービス「EMチャージ」用の端末として「Pocket WiFi(D25HW)」が1万円分の通信料込みで1万円、つまり本体の実質価格0円で販売されています。

「Pocket WiFi(D25HW)」本体。下り最大7.2Mbps、上り最大5.8MbpsのHSDPAおよびHSUPA通信に対応。最大5台の無線LAN対応機器を同時接続可能で、バッテリー駆動時間は約4時間。本体重量はわずか80グラムとなっています。


「EMチャージ」契約時の料金プランはこんな感じ。デフォルトの「スタンダードプラン」は1MBあたり63円の従量課金制。なお、下り最大速度について「42Mbps」と書かれていますが、これは利用する端末が対応している通信速度に準拠します。つまり「Pocket WiFi(D25HW)に入っていたEMチャージ用SIMカードをより高速な通信が可能な機種に差し替えて使う」という手もあるわけです。


もちろん使い放題の定額プランもラインナップ。1日定額プラン(630円)、7日定額プラン(2205円)……といったように、利用シーンに応じて細かく設定されています。


そしてプリペイド端末で最も気になるのがチャージの有効期間および契約自体の有効期間。イー・モバイルではチャージの有効期間を最終チャージ日または利用開始日から380日、契約有効期間は760日と多めに設定してあるため、「ごくたまに外で定額通信を利用する」という人でも安心なのが特徴。停電や災害時などの非常用通信回線として持っておくのも良いのではないでしょうか。


・関連記事
下り最大14Mbpsのドコモ回線が月額1770円、「BIGLOBE 3G」の活用法を考えてみた | BUZZAP!(バザップ!)

延期続きだったBUFFALOのXiルーター「BF-01D」がようやく発売へ、「BF-01C」発表から苦節10ヶ月 | BUZZAP!(バザップ!)

より広いエリアでWiMAXを使える「Aterm WM3600R」登場、最大10時間駆動や約15秒のクイック起動も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 10万円級の高性能でお値段1/3のXiaomi「POCO F3」過去最安に、120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー搭載でゲーマー向けの液冷機構やワイヤレスイヤホンも
  2. 【驚異】格安すぎるタブレット「BMAX MaxPad I10」1万円で登場、いろいろ使えて便利な高機能SIMフリーモデルに
  3. 充電不要でガンガン使い倒せる格安スマホ「UMIDIGI Power 5」スマートウォッチ付きで1万円に、顔認識・指紋認証にも対応
  4. 1万円台の格安タブレット「Teclast M40」「Alldocube iPlay 40」うれしい値下げ、ゲームにもビデオ会議にもナビにも使える本格SIMフリーモデル
  5. 「INFOBAR xv」は一括9800円、KDDIがスマホ値下げの「au Online Shop サマーセール2021」開催で機種変更も対象に

モバイルに関連した楽天商品ランキング