3月24日で閉店が確定した「万惣フルーツパーラー本店」のホットケーキは確かな美味しさでした

このエントリーをはてなブックマークに追加



幕末から続く老舗「万惣フルーツパーラー本店」が、今月3月24日(土)で閉店することが分かりました。万惣の公式サイトに更新がなく情報が錯綜していたため、実際に店舗に行って確かめることに。会計をしてくれたホール長とおぼしき男性にそっと尋ねたところ、彼は「(閉店の日時は)3月24日で間違いありません」と静かに頷いたのでした……。



万惣フルーツパーラー本店」は住所だけ見ると「神田」が最寄り駅のように見えますが、実際には「神田と秋葉原のあいだ」といった立地。どちらの駅から降りても中央通り沿いに5分ほど歩くと到着します。個人的には秋葉原駅の地理の方がよく分かったので、「電気街口から降りて、電気街の中心とは逆側に歩き、肉の万世の方を通り過ぎたその先」にあると言われたほうがしっくり来ました

大きな地図で見る

「万惣フルーツパーラー」は神田の本店以外にも東京駅前の新丸ビルにあるのですが、ホットケーキを提供しているのは本店のみ。そのため、閉店の知らせが流れた直後の3月6日は多くの人でごった返していました。

お店はビルの二階にあるのですが、昨日よる7時の段階で三階まで列が伸びていました。大行列を見て、諦めて帰る人もちらほら。7時に並び始めて、この看板が見えるところまで列が進んだ時点で7時50分くらい。


品のあるゴールドのこの扉をくぐって、お店に入れたのは8時すぎ。とはいえ、本来のラストオーダー時刻である8時を迎えた時点で、列の後ろの方のお客さんは当日中の入店は難しいと伝えられた様子。入れただけ幸運です。


店内は満席ながらゆったりとした印象を与える席配置になっていて窮屈さを感じさせません。「フルーツパーラー」という言葉が持つ品の良さやよそいき感をひしひしと感じます。


席についてホットケーキと紅茶のセット(1150円)を注文。すると、ガラスの皿に載せられたバターとシロップが先に運ばれてきました。


ホットケーキの食べ方のお作法が、すっきりとしたイラストで描かれています。子どものころこの店に連れてきてもらうのが楽しみだったという友人が、この写真を見て「懐かしい!」と声を上げていました。私は生まれが中部地方だったのでピンとこなかったのですが、関東の人たちにとっての思い出のあの店であるようです。そうでなければ、閉店の知らせひとつでここまで混雑しないのではないでしょうか。


そんなこんなで待つこと10分。ホットケーキと紅茶が供されました。ホットケーキはこんがりふわふわ、


まずは何も食べずに一口。生地自体に軽く甘みがついているので、十分このまま食べられますが、バターをたっぷり塗って食べると味が化けて、何ともいえず幸福な気分になる味に。バターは器に入っているものをためらわずに全部塗ってしまうのが個人的におすすめ。端っこがカリッとしているものの、どちらかというとふんわり系の食感です。


バターをつけた段階で完食しそうになっていたのですが、シロップをかけずにはいられなかったので、断腸の思いでたっぷりめにかけました。シロップのしっかりとした甘さがケーキの素朴な甘みを引き立て、まさにご馳走デザートに。「蜜をかけてよかった!」とトータス松本氏に絶唱していただきたい程度においしかったです。「一口食べてうっとり」するタイプの味ではなく「早くもう一口食べたくなる」やみつきテイストだったので、あっという間にお皿の上は空になってしまいました。


来店時の注意

その1:営業時間
「万惣フルーツパーラー本店」は軽食とフルーツのフロアが分かれている……のは確かですが、現在はサイトに載っているような2フロア並行しての終日営業はしておらず、時間帯によって細かく時間が区切られているので要注意。ランチタイム~午後の紅茶タイムまでは混雑するためか、M2階と2階のフロア両方を開放。その後は夕方18時までM2階のフロアのみ営業、それ以降~20時までは2階のフロアでの営業となります。

問い合わせたところ、ホットケーキはどのフロアであっても終日提供していると教えていただいたので、ひとまず11時~20時までに来店さえすれば食べられます。

会社に勤めている人はランチタイム、あるいはアフター5以降の来店となるため、混雑を避けるのはなかなか難しそう。かといっておやつの時間であるひる3時~4時ごろも十分ピークタイムなので、並ばずに食べるのはなかなか難しそう。しかしそれでも尚食べるべき味だと断言できるので、ちょっとでも気になるのであれば、閉店までに気合いで時間を作るのをおすすめします。


その2:定休日
お店の方に閉店の真偽を聞いた際に、「定休日にお気をつけください」と優しく教えていただきました。というのも、「日曜・祝日・第3月曜」が定休日のため、閉店直前の3月18日(日)、19日(第三月曜)、20日(祝)とまさかの3連休が発生してしまうのです。休みの日でないと来店できないという人は特に注意してください。また、油断して今週11日(日)に来店するのも避けるように。
私個人はこの閉店の知らせを受けて、もっと言うと糸井重里さんが3月5日夜に放った一連のツイートでその評判を知り、今やっと出会えたところなので、もっと早く出会えていればと残念でなりません。

正直なところお代わりがほしくなるほどに気に入ってしまったのと、「ホットケーキのテイクアウト」という耳慣れないフレーズに心惹かれて、友人宅まで「万惣フルーツパーラー本店」ホットケーキをデリバリーしてみました。

・つづきの記事

テイクアウト可能な「万惣フルーツパーラー本店」のホットケーキは時間を置いても美味! | BUZZAP!(バザップ!)

・関連記事
感動のココアをバレンタイン特別価格で、「ジャン=ポール・エヴァン」のショコラ・ショ | BUZZAP!(バザップ!)

資本主義の不思議、70年前に製造されたフルーツケーキが高値で落札される | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加