NTTドコモの「mova」が今月末で終了、国産携帯電話技術「PDC」の火が消える

このエントリーをはてなブックマークに追加



日本で初めてブラウザを搭載した「501i」シリーズや空前のブームを巻き起こしたNECの折りたたみ端末など、携帯電話の普及期に大きな存在感を発揮したNTTドコモの第二世代携帯電話(2G)サービス「mova」が、いよいよ今月末で終了します。



◆2012年3月31日で終了する第二世代携帯電話サービス「mova」

movaサービスをご利用いただいているお客様へ | NTTドコモ

NTTドコモのmova公式ページによると、同サービスは3月31日をもって終了しますが、社団法人 電気通信事業者協会(TCA)の集計では2012年2月末現在、movaユーザーは34万4900人も残っています。このままではmovaユーザーは自動的に解約扱いとなるため、現在NTTドコモは「最後のとりかえるキャンペーン」として特別価格での機種変更を実施中。

さらにmovaユーザーを紹介して機種変更または新規契約すると最大1万500円のキャッシュバックを提供するなど、第三世代携帯電話(3G)サービス「FOMA」や、次世代高速通信「Xi(クロッシィ)」への取り替えを推進しています。

◆携帯電話の普及期に大きな役割を果たしたmova

なお、NTTドコモ提供の資料によると、movaは「movable(移動できる)」から名付けられたサービスで、カラー液晶搭載モデルや折りたたみモデルなどが次々と登場。携帯電話普及期に大きな役割を果たしました。




mova普及の歴史。2003年8月にはピークとなる4440万8400契約を記録しました。また、NTTドコモが第二世代携帯電話サービスを開始した1993年当時と比較して、通信速度は約20年間で2400bpsから75Mbpsへと進化。これは約3万倍にあたる、とんでもない数値です。


◆movaと共に火が消える国産携帯電話技術「PDC」

ちなみにNTTドコモの第二世代携帯電話サービスは「PDC」と呼ばれる国産の通信方式を採用していますが、同方式を採用したソフトバンクモバイルおよび2005年にKDDIに吸収されたTu-Ka(ツーカー)は先行してサービスを終了しているため、movaの終了によってPDCの火が消えることとなります。

第2世代携帯電話サービス終了のお知らせ | SoftBank


ツーカー | KDDI


・関連記事
NTTドコモの契約数が6000万件突破、増加ペース鈍化もKDDIやソフトバンクに大差 | BUZZAP!(バザップ!)

あの「エヴァケータイ」がスマートフォンに、「AQUOS PHONE SH-06D NERV」発売へ | BUZZAP!(バザップ!)

「MEDIAS」「G’z One」などのスマートフォン単独開発を断念へ、NECカシオが人員削減 | BUZZAP!(バザップ!)

下り最大14Mbpsのドコモ回線が月額1770円、「BIGLOBE 3G」の活用法を考えてみた | BUZZAP!(バザップ

このエントリーをはてなブックマークに追加