NTTドコモの契約数が6000万件突破、増加ペース鈍化もKDDIやソフトバンクに大差

このエントリーをはてなブックマークに追加



国内最大手の携帯電話会社、NTTドコモの契約数が6000万件を突破しました。



報道発表資料 : ドコモの携帯電話契約数が6,000万を突破 | お知らせ | NTTドコモ

NTTドコモの報道発表資料によると、同社の携帯電話の契約数が、2012年3月11日(日)に6000万契約を突破したそうです。

同社はこれまで、急成長を続けているスマートフォン市場において、スマートフォンやタブレット端末のラインナップ充実を図り、モバイルWi-Fiルーターなどの「Xi(クロッシィ)」を中心としたデータ通信サービスや「お便りフォトパネル」など、2台目需要の開拓の取り組みを行ってきたとのこと。

契約数の推移はこんな感じ。携帯電話の普及期であった1998~2002年までは「およそ2年ごとに1000万契約」という、とんでもないペースで契約数が増加していましたが、2005年11月に5000万契約を突破してからは伸びが大きく鈍化。鈍化の背景には他社が競争力を付けたことや、MNP(番号乗り換え制度)の導入が挙げられます。


ちなみに社団法人 電気通信事業者協会(TCA)によると、2012年2月末現在、国内2位のauの契約数は3447万9000件、国内3位のソフトバンクモバイルは2806万1900件で、両社の契約数を合わせてようやくNTTドコモに届く計算。当面NTTドコモが国内の王者であることは揺るぎそうにありません。

・関連記事
あの「エヴァケータイ」がスマートフォンに、「AQUOS PHONE SH-06D NERV」発売へ | BUZZAP!(バザップ!)

「新しいiPad」は引き続きソフトバンクが独占、NTTドコモとKDDI獲得ならず | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモの公衆無線LANサービスが「docomo Wi-Fi」に、「Mzone」から変更 | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモが「Xi(LTE)」を利用した音声通話サービスを商用化へ | BUZZAP!(バザップ!)

下り最大14Mbpsのドコモ回線が月額1770円、「BIGLOBE 3G」の活用法を考えてみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加