パケット定額を撤廃したアメリカの携帯電話会社、今度はヘビーユーザー向けプランを値上げか

このエントリーをはてなブックマークに追加


By Yutaka Tsutano

大手携帯電話会社がパケット定額プランを撤廃し、従量課金へと移行したアメリカで、今度はヘビーユーザー向けプランが値上げされる見通しであることが明らかになりました。

スマートフォンの普及で通信量が急速に増大していることを考えると、日本でも決して「対岸の火事」と傍観するわけにはいかないような出来事ですが、はたしてどのような内容となるのでしょうか。



T-Mobile Raising Price On Classic Unlimited 5GB and 10GB Data Features Beginning April 4th


アメリカ第2位の携帯電話会社「T-Mobile」の情報を扱うブログ「TmoNews」によると、4月4日からT-Mobileがヘビーユーザー向けプランを値上げすることが販売時点情報管理(POS)システムから流出した情報によって明らかになったそうです。

同社はパケット定額プランを撤廃し、データ通信サービスに2GB、5GB、10GBの従量課金プランを導入していますが、5GBプランは30ドル(約2500円)から35ドル(約2900円)に、10GBプランは60ドル(約5000円)から65ドル(約5400円)に値上げされます。


ちなみに日本ではパケット定額サービスは撤廃されていないものの、次世代高速通信サービスで段階制定額プランを導入。NTTドコモの「Xi」は7GB、ソフトバンクモバイルの「Softbank 4G」は5GBを超過すると128kbpsに通信速度が落とされますが、2GBごとに2625円を支払えば通信速度を維持できる形となっています。

・関連記事
ソフトバンクモバイルは「通信の最適化」をすでに実施中、その内容は? | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIがスマートフォン向けに導入する「通信の最適化」について問い合わせてみた | BUZZAP!(バザップ!)

NECがスマートフォンの通信量を削減する技術を開発、表示品質の保持も | BUZZAP!(バザップ!)

通信量爆増でパケット定額の今後や帯域制限の現状は?イー・モバイルにも聞いてみた | BUZZAP!(バザップ!)

通信量爆増でパケット定額の今後や帯域制限の現状は?KDDIに聞いてみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加