【号外】ついに劇場版ウテナが決選投票進出、第五回爆音映画祭での上映なるか

このエントリーをはてなブックマークに追加



6月29日(金)~7月14日(土)に吉祥寺バウスシアターで行われる「第五回爆音映画祭」。

同映画祭は音楽ライヴ用の音響セッティングをフルに使い、ボリュームも限界まで上げて大音響の中で映画を視聴するという、非常に珍しい試みですが、幾原邦彦監督の「少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録」が決選投票に進出したことが明らかになりました。



第五回爆音映画祭 BAKUON FILM FESTIVAL2012 オフィシャルホームページ || REQUEST ||


第五回爆音映画祭の公式ページによると、3月27日(火)~4月3日(火)にかけて、同映画祭の最終決選投票が実施されています。対象となる作品はリクエストを受けたものから上映可能な上位11作品および事務局の推薦4作品で、見事1位に輝いた作品が上映されることになります。なお、投票できるのは1人1回のみ。

対象作品は「少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録」「狼の生活」「忌野清志郎 ナニワサリバンショー」「SP革命篇」「REDLINE」「ハゲタカ」「モテキ」「メランコリア」「ヒミズ」「測量技師たち」「AKIRA」「ウィンターズ・ボーン」「ぼくらの七日間戦争」「ゴモラ」「スペル」の計15作品。3月28日12:21現在、ウテナが162票を獲得し、圧倒的な差を付ける形で1位に。


アニメ放送開始から15年、劇場版の公開からは13年が経過してもなお、根強い人気を集める「少女革命ウテナ」。投票状況やリクエスト時に寄せられていたコメントを見る限り、同作によって自分の人生を変えられてしまい、そのイリュージョンに魅せられてしまった人も多いと思われますが、願わくばその思いが届くことを祈りたいところです。

・関連記事
「少女革命ウテナ」の天上ウテナ役の川上とも子さん、声優アワード特別賞を受賞 | BUZZAP!(バザップ!)

「少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録」の爆音上映、更にリクエスト殺到で断トツ人気に | BUZZAP!(バザップ!)

「輪るピングドラム」とうまい棒が奇跡のコラボ、ノリノリすぎてとんでもないことに | BUZZAP!(バザップ!)

「輪るピングドラム」の回想シーンに登場する電光掲示板が再現可能に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加